この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

蔵王のお釜への行き方、カーナビ設定!リフトと車どっちがいいの?

蔵王と言えば、
お釜が有名ですよね。

以前は噴火の心配もされましたが、
現在は問題がないようで安心しました。

今回はお釜への行き方、
カーナビ設定や、

リフトと車どっちで行ったらいいのか、
それぞれのメリット、デメリットをまとめてみました。

Sponsored Link

蔵王のお釜への行き方は?

蔵王エコーラインが開通している場合は、
車で行くことが可能です。

また、山形側からは、
山交バスで蔵王温泉やかみのやま温泉から、
定期運行バスが出ています。

山道は結構ハードですので、
運転が苦手な人、
電車で遊びに来た人は、
こちらが便利です。

お釜の行き方は2通り!

車で行く方法は?

小さいお子さんや、
足腰に自信がない場合は、
こちらがベストです。

お釜まで徒歩5分程度のところに駐車場があります。

そこまでは途中から有料道路となります。

普通車は540円です。

5分ほど運転すれば着くので、
ちょっと高いなと思うのが本音です。

ナビは、「蔵王レストハウス」と入れましょう。

ここはレストランと、
お土産屋さんが併設されています。

リフトもおすすめ!

山形側から行くと、
リフト乗り場があります。

こちらは一人乗りリフトですので、
小さいお子さんは抱っこで乗らなければいけません。

乗車料金は、
往復で1人750円です。

片道は450円で、
帰りは散策しながら、
歩いて降りてくることも可能です。

個人的には、
子連れでないのであれば、
リフトがおすすめです。

足元に高山植物が広がり、
下りのリフトは、
雲海が見えることもあります。

ちなみにここの乗り場の売店で販売している、
玉こんにゃくがかなりおいしいです。

ナビ入力は「蔵王刈田リフト」がよいでしょう。

リフトと車どっちがいいの?

安く行くのであれば、
断然、ハイラインを使用するべきです。

また小さいお子さんなど、
リフト乗車が難しい場合は、
車がおすすめです。

たっぷりと蔵王を体感したいのであれば、
リフトはいかがでしょうか?

 
※※こちらの記事も人気があります※※

蔵王の穴場グルメ情報!地元民がおすすめする本当においしいゲレ食

東京から山形は「つばさ」より仙台経由が得?本数と料金を徹底検証



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す