この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

勇者ヨシヒコ山形ロケ地は低予算で映画村のみ!入場料アクセスまとめ

勇者ヨシヒコと魔王の城のロケがスタートしました。

今回のロケ地は、
山形とのことです。

相変わらずの低予算で、
映画村のみがロケ地って、
本当なのでしょうか?

また、映画村って何?って人のために、
入場料やアクセスまとめました。

Sponsored Link

勇者ヨシヒコ、今回も低予算!

勇者ヨシヒコと魔王の城は、
深夜枠だからなのか、
視聴者のSNS効果を狙っているのか・・・

かなりの低予算だそうですよ。

月9の約半分と言われているので、
大体500万前後。

それでも深夜枠にしては、
予算かかっているなと、
正直思いますが。

今回のロケ地は山形、それも一箇所のみ。

ロケ地の移動は、
結構お金がかかるもの。

そのためか、
勇者ヨシヒコは、
今回も低予算のため、
山形にある映画村のみで、
撮影を敢行しているそうですよ。

ここは、映画村と言われているだけあって、
たくさんの映画が撮影されている場所です。

しかし、ロケ地が1箇所って、
かなりの節約ですよね。

映画村ってどこにあるの?

正式名称は「庄内映画村」と言います。

最近だと「殿、利息でござる」のロケ地となりました。

その他に「蝉しぐれ」、「おくりびと」なんかも、
有名どころですね。

Sponsored Link

場所

山形県鶴岡市にあります。

アクセスがかなり不便です。

最寄りの鶴岡駅は、
電車であれば、
東京からだと、新潟まで新幹線で行き、
そこから羽越本線で鶴岡まで行かなければいけません。

飛行機だと、
庄内空港が一番近いです。

その他には、
山形駅まで新幹線で行き、
そこからレンタカーで向かえば、
東京から4時間ちょっとで到着します。

ちなみに映画村は、
最寄りのバス停がありますが、
おすすめしません。

市営路線バス「にこにこバス」 が運行していますが、
運行日は、火曜・木曜・土曜のみです。
バス停は、松ヶ岡開墾場「庄内の米作り用具収蔵庫」付近にあります。

運行日が毎日の場合は、
庄内交通から、
JR鶴岡駅より羽黒山方面行きバス約20分、「やまぶし温泉 ゆぽか」下車です。
ただし、バス停から映画村まで、2.5キロほど・・・歩いたら30分以上かかります。

タクシーだと、
JR鶴岡駅から、
3,000〜4,000円が片道かかります。

鶴岡駅からいく場合は、
レンタカーのほうが、
季節によりますが、安いです。

料金

高校生以上は500円、
小・中学生は200円。

小学生未満の方は無料です。

セットも実際に使われていたものが、
展示されているので、
入場料は安いと思います。

ロケは、しばらく続くそうです。

鶴岡市内でキャストと会える可能性も高そうですね。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

東京から山形は「つばさ」より仙台経由が得?本数と料金を徹底検証

山形新幹線がリニューアル!とれいゆには何と足湯に畳の座敷も完備。

山形の観光ランキング。絶対にハズしたくないスポットはここだ!



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す