この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

YELPが日本に!食べログとの違いは?実名投稿だが、変更も可能?

アメリカで誕生した口コミサイト
「Yelp」が日本でもスタートしました。

口コミサイトと言うと、日本ではやっぱり食べログ。
食べログとの違いは、実名制なんだとか。

実名を出すことに抵抗がある日本人にとっては、
いかがなものなのでしょうか?

しかし、実名の変更も可能なんだとか・・・。

食べログとの違いをまとめてみました。

Sponsored Link

まず、大きな違いの1つ目は、
食べログはグルメ情報のみですが、
YELPは、レストランや美容院はもちろん、
デパートや公園、ショップ、病院など、
サービスを提供している施設、全てが対象です。

実はこのサイト、全世界では月間1億2,000万人が利用している、
かなりのユーザー数を誇るサイトです。

2つ目の大きな違いは、
実名で登録する必要があること。

デマを減らす目的で効果的ですが、
日本人は実名を公開するのに敬遠する傾向があるので、
浸透するのでしょうか?

実は、浸透しないと言われたFacebookが日本でも浸透できたことで、
YELP側は「日本でも行ける!」と自信を持ったんだとか。

ちょっと抵抗があるなという方もご安心ください。

実際に実名は変更することも可能なので、、
実質的にはかならず実名でなくても大丈夫です。

ゆる〜い実名制ですね。

Sponsored Link

場所やキーワード、5つ星で評価するところ、
地図もスマホであれば、アプリ起動で見られることは、
食べログと一緒です。

一方、店舗側の対応としての違いは、どうなんでしょうか?

広告については、食べログとは違い、
まだ日本では実施する予定は、現在は未定なんだそうです。

また、一時期問題になった、
広告を買うと悪いレビューの削除ができるかの可否は、
不可能ということで、やらせサイトとしての不安はなさそうですね。

クチコミの返信は、食べログ同様可能です。

飲食店を探す時は、食べログを使う人が多いですが、
実際、YELPがその候補に入ってくるかも見ものですね。



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す