この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 3 分

神田うのが千秋ブランド好調に対して大嫉妬。性格の悪さが顕著に!

最近、離婚報道も噂される神田うの。
そのイライラなのか、
大成功している千秋のビジネスの方法について
陰口を叩きまくって噛み付いたようです。

その性格の悪さもから、
テレビに写ったら無条件でチャンネルを変える。
とまでに嫌われている神田うの。

そんなうのを嫉妬させる千秋のビジネス戦略とは?

Sponsored Link

神田うのは、1999年より、
ファッションプロデューサーとしても活躍。

ストッキングやドレス、バッグに毛皮、
子供服、マタニティなど様々なものをデザインしてきました。

独身時代にプロデュースしたパンストの大当たりをきっかけに、
現在では自分のブランドで、
年数億も稼いでいるとも言われています。

juno3 ママ友うの会を率いる神田うのが恐れる庶民派千秋のビジネスセンス

 
対する千秋は、1995年からブランドを立ち上げます。

出産を経て、2004年にはリボンキャスケットを立ち上げました。
このブランドが予想以上の大ヒット。
今もその人気は健在です。

そして最近はパワーストーンまでも展開、
ラブストーンの経営までしているようです。

この二つのブランドをあわせての年商は50億円を超えるとか!

 千秋は、仲良しのママ友のブログに
商品を紹介してもらったりしているようで、
どんどんビジネスを拡大しています。

しかし、急成長している千秋のビジネスに、神田うのが面白くないようで、
「意地汚い」「いやらしい」と悪口を言っていると報じられています。

以前から神田うのは自分のブランドの
ライバルには厳しいご意見をお持ちのよう。

香里奈がプロデュースしたウェディングドレスと、
神田うののブランドの新作発表の日程が、がかぶってしまい
香里奈の方が注目を浴びたことにより、大激怒したことがありました。

uno5 300x200 ママ友うの会を率いる神田うのが恐れる庶民派千秋のビジネスセンス
※クリックで拡大します

 
現在の芸能界には、『ママ友会』と呼ばれる『派閥』があり、
神田うの率いるセレブママ友会『うの会』が牛耳っているらしい。

この『うの会』に所属している芸能人は
伊東美咲、NHKアナウンサーの青山祐子などが主力。
他にも、倖田來未、中西モナなど。
ほしのあきも所属していたそうだが、
ペニオク事件以来、破門になったらしい。

こんなセレブな『うの会』に対抗するのが、
庶民派がウリの

大沢あかね率いる『大沢会』、
主に辻希美や藤本美貴が所属。

そして、
坂下千里子の『坂下会』。
はMEGUMIや山口もえなどが所属。

両者は、ブログなどでPRを展開し、
庶民派として売っているようです。

実はこれらの庶民派ママ友を束ねているのが
千秋だと言われています。

 

Sponsored Link

 

今回のターゲットは千秋。

 
芸能人の友達が多い千秋は
ラブストーンの商品を売り込み、
お互いのブログで紹介しあってるという。

人気ブロガーのしょこたんも
写真付きで何回もでラブストーンを紹介する程の徹底振り。

uno6 ママ友うの会を率いる神田うのが恐れる庶民派千秋のビジネスセンス

神田うのも侮れない千秋のビジネスセンスは尋常じゃなく
さらにはこんなPR法が、神田うのにとっては気に入らないらしい。

 
以前、テレビ番組で、千秋は
「優秀じゃない従業員をどう扱う?」

という相談を、実業家が回答した。

アパホテル社長とレストラングループのよし川社長が回答したが、
その時の答えが、それぞれが

uno7 ママ友うの会を率いる神田うのが恐れる庶民派千秋のビジネスセンス

「従業員は我が子同然。出来の悪い子ほどかわいい」

「能力のない人は一生懸命時間をかけてやれる人。
そこを私たちが見極めるべきなんです」

と、千秋を諭しました。

それに対し、千秋は素直に
「わかりました」

と返答した様子は、
素直で好感度もアップ。

幼い頃から優秀なビジネスマンの家庭で育った千秋。
自然とビジネスが成功する感覚を身につけたのではないでしょうか。

神田うのが恐れるのは、千秋のママ友のネットワークのみならず、
独特の素直さと、ビジネス感覚なのかもしれません。

 

※※こちらの記事も人気があります※※

うの会メンバー東尾理子が早くも別居?その理由と真相。
 
ローラも餌食に?!都市伝説『桃の天然水cm呪い』とは?
 
紗栄子マシュマロヌード写真集が発売予約開始!!【画像】
 
加藤茶が認知症?嫁の過去と誕生日パーティー画像が悲惨すぎ
 
ママ友団結力でヒロミを追い込んだ!うの会恐るべし!
 



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す