この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

東京から山形は「つばさ」より仙台経由が得?本数と料金を徹底検証

東京から山形への新幹線を調べたときに、
「本数少ない!」と思った人も多いはず。

お隣の仙台経由のほうが得なのじゃないか?と思いますよね。

本数と料金を、
徹底検証してみます。

Sponsored Link

本数では、仙台が圧倒的に多い!

仙台は、やまびこ、こまち、はやて、はやぶさなど、
停車する新幹線が多いため、
1時間に6本は停車します。

対して、山形は、
ピーク時間でも1時間に2本程度。

それも冬は、
倒木により電車遅延がかなりのペースで発生します。

所要時間は?

仙台までは、
いろんな新幹線が通っていますが、
一番早い電車で東京から1時間40分。

遅くとも2時間ちょっとで、
到着します。

一方、つばさは、
2時間30分。

路線図を見ると、
東京から距離は変わらないような気がするのは、
わたしだけでしょうか?

Sponsored Link

運賃はどのくらい違う?

料金的には、
仙台までは10,370円、
山形までは10,450円と、
80円しか変わりありません。

仙台山形間は?

仙台と山形は非常に便利で、
1時間に6本バスが運行しています。

電車もあるのですが、
1時間に1本程度です。

バスは、お値段も片道930円で、
とっても安く便利です。

これは山形人が、
通勤や通学で仙台までにバス利用しているため、
このお値段なんだとか。

山形新幹線は満席になりやすい?

大きなイベントや、
お祭りなど観光シーズンになると、
山形新幹線は、一気に満員になってしまいます。

そのため、
山形新幹線の指定席が取れない場合、
仙台経由で利用する方は多いんだとか。

バスもほぼ高速を通るので、
渋滞の心配もさほどないので、
安心です。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

旅館ホテル安く泊まる方法は?時期と予約で損をしないハウツーまとめ

山形新幹線がリニューアル!とれいゆには何と足湯に畳の座敷も完備。

卒業旅行に行くなら!人気エリアの国内おすすめランキングを一挙紹介



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す