この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

雪道の歩き方、転ばないで歩くにはペンギン歩き?地元民がコツ伝授

いよいよ雪のシーズンがやってきましたね。

雪道の歩き方、
転ばないで歩くには、
コツが必要です。

転ばないで歩くにはペンギン歩き?なんてコツもあるそうですが、
どうしたらよいか、
地元民がコツを伝授いたします。

Sponsored Link

雪国の人はなぜ転ばないのか?

雪国に行くと、
みなさん颯爽と雪道を歩いていることに、
驚く方も多いはず。

滑らない特殊な仕様の靴や、
訓練しているからというわけではありません。

本当にちょっとしたコツで、
転ばないで歩けるのです。

さて、実際に雪道を歩くコツを案内していきます。

まずはどのくらい滑るのかチェック

自分の靴と雪面が、
どのくらい滑るのか、
雪面をこすってみることをおすすめします。

このくらい滑るなら、
ゆっくり歩こうとか、

この程度なら、
普通のスピードでも大丈夫そうだなと、
感覚を把握することが大事です。

またアイスバーンや、
積もりたての雪でも、
滑り具合は全く異なります。

このくらい滑るんだと言う認識を持つことが、
雪道を歩くコツです。

Sponsored Link

時間に余裕を持った行動を

雪が降ると、
交通機関はもちろんですが、
渋滞も起こります。

特に雪道は、
恐怖が先行すると、
おそるおそる歩き、
目的地までだいぶ時間がかかるなんてことも想定内です。

雪道で焦って転倒なんてことのないように、
時間に余裕を持っておくことが大事です。

歩幅は小さく、靴の裏全体をつけて歩く

大きな歩幅で歩くと、
足は自然と高くなります。
そうすると、
重心が不安定になるので、
転倒の原因になってしますので、
できるだけ小さい歩幅で歩きましょう。

そして、靴の裏を雪面に付けて歩きましょう。

雪面と靴の裏の接地面が少ないと、
重心のバランスが不安定になります。

これが俗に言うペンギン歩きです。

できるだけリラックスして歩く

雪国で観光客の方が、
膝を曲げずに、
雪道を歩いている姿をよく見かけます。

恐怖心からなのでしょうが、
重心の取り方が不安定になり、
むしろ危ない気がします。

雪道を転ばないで歩くには、
安定した重心を意識することが、
とても大事です。

ぜひ参考になさってみてくださいね。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

雪道に合う靴選びのコツ、スニーカー、レインブーツ、ヒールは大丈夫?

父へのプレゼントは迷う!お酒以外で本当に喜ばれたものランキング

派遣社員バレンタインは義理チョコあげる?渡す場合に気をつけたい点



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す