この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

SMAPはなぜスキンヘッドでCMに?演出は中島哲也?内容まとめ

2014年の27時間テレビのCMで、
SMAPのスキンヘッドが話題になっていますね。

なぜスキンヘッドになったのか、
演出は中島哲也と言うことなど、
内容についてまとめてみました。

Sponsored Link

このCMの演出は中島哲也。
現在役所広司が主演の話題の映画「渇き」の監督です。
以前は、松たか子主演の「告白」の監督でも話題になっていました。

スマップがスキンヘッド!CM制作の裏側

スキンヘッドはもちろん特殊メイクだそうで、
所要時間は1時間半、準備にかかった時間は2時間だったそうです。
それも元に戻す作業も同じくらい時間がかかったそうで、
大掛かりなCM制作となった様子ですね。

SMAPがスキンヘッドにした理由は、
5人がテレビマンというキャラクターに扮したためです。

テレビマンとは、
「不寛容や無関心といったイヤなムード、
世間を覆う閉そく感が、テレビという場を通じてちょっとでも変わるのなら……」
とテレビの力を信じているヒーローのことだそうです。

Sponsored Link

今回の27時間テレビは、
テレビを武器にテレビマンとして挑戦するSMAPとフジテレビが、
初心に返っていろいろとトライすることがテーマとなっていて、
今回テレビマンの象徴としてスキンヘッドにしたんだそうです。

演出は中島哲也、他にもさまざまなプロが!

今話題の「渇き」の監督である中島哲也、
ポスターは世界での名をはせた写真家・操上和美、
アートディレクターは日米で活躍する佐野研二郎など、
そうそうたるメンバーなんだそうです。

制作費は、3億とも言われている27時間テレビ。
SMAPの意地もあり、
絶対にこけられない27時間テレビ。
どんな内容になるのか楽しみですね。



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す