この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 3 分

子どもとスキー!持ち物、服装は?レンタルと買うのはどちらが安い?

冬と言えば、スキー。
子どもをスキーに連れて行ってあげたいですよね。

しかし、頻繁に行くわけではない場合は、
持ち物、服装は?レンタルと買うのでは、
どちらがお安いのでしょうか?

Sponsored Link

スキー場は、
お天気が変わりやすい場所。

できるだけ寒くならないように、
風邪をひかないようにするためには、
どんな服装がよいのでしょうか?

子供のスキーの服装について!

スキーウェア

 子どもとスキー!持ち物、服装は?レンタルと買うのはどちらが安い?

これは必須ですね。
レンタルを1,500円くらいからできるところもありますが、
ネットで安いところだと、
3,000円くらいで購入できるところもあります。

スキー場のレンタル料金と比較して、
どちらがお得か、
事前に調べることをおすすめします。

ここ数年の大雪の状況を考えると、
雪遊びをしたいとなれば、
購入するのもアリかなと思います。

購入する場合は、
セパレートタイプをおすすめします。

つなぎタイプもありますが、
おトイレの時に、
男の子の場合は、
全部脱がなくてはならないので、
一苦労です。

帽子

 子どもとスキー!持ち物、服装は?レンタルと買うのはどちらが安い?

これもレンタルできる場合もありますが、
数千円で購入できます。

選ぶポイントは、
耳がしっかり隠れる、
転んだ時にビチョビチョにならないタイプかが大事です。

ゴーグル

 子どもとスキー!持ち物、服装は?レンタルと買うのはどちらが安い?

最近はキッズ用のサングラスもありますが、
安全上、転んだ時のために、
ゴーグルがおすすめです。

手袋、靴下

 子どもとスキー!持ち物、服装は?レンタルと買うのはどちらが安い?

ミトンタイプではなく、
五本指タイプがストックを掴んだ時など、
使いやすいです。

1月や2月の寒い時期や、
東北、北海道のスキー場の場合は、
スキー用の手袋の下に付ける手袋がもう一枚あると便利です。

よくスーパーなどで売っている、
500円くらいの毛糸でできているもので十分です。

実は、子供用のグローブは薄手な上に、
途中でスキーが嫌になる理由として、
手が寒くなると言うのも、
案外多いのです。

なので、手足はこれでもかと言うくらい、
用意周到がよいでしょう。

靴下は、
普段履いている靴下ではなく、
スキー用の厚手の靴下、
もしくはロングソックを二枚重ねが必須です。

ウィンタースポーツは、
手足は暖かくすると、
子どもも楽しめますよ。

インナー

Sponsored Link

汗をかいた時のために、
下着は、数枚持っていきましょう。

その上には長袖のロンT、
トレーナー、フリースがよいかと思います。

暑かったら、
脱いで調節できるように、
数枚着ると便利ですよ。

パンツは、
いつも履いているズボンの下に、
暖かいタイツを履くとよいでしょう。

ズボンは、
ジーンズなどの硬い素材のもの以外であれば、
問題ありません。

スキー用品は買うかレンタルどっちが安い?

最後に、買うのが安いか、レンタルするのが安いか?
についてです。

基本的にスキーウェアや小物は、
リーズナブルなものを選べば、
最近は買ったほうが安い場合が多いです。

しかし、スキー板やブーツなどは、
レンタルするほうがおすすめです。

スキー場のレンタル料金によっては、
買ったほうが安い場合も稀にありますが、
レンタルが安いのがほとんどです。

また、子どものうちは、
スキー板やブーツは、
毎年買い換えなければいけません。

スキーは、
スポーツの中でも、お金のかかるジャンルだからこそ、
お得に楽しみたいですね。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

USJのチケットの割引は?誕生日?ローソンで?安くなる方法は?

美ら海水族館チケットは割引ファミマ最安値!見所を写真と画像で紹介



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す