この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

子どもにスキーを教えたい人必見!一日で一緒に滑れるコツを紹介!

子どもにスキーを
教えたいと言う方は必見です。

ここでは一日で一緒に滑れるコツを
ご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

スキーの用具と言えば、
スキー板、ブーツ、ストックです。

しかし、初めてのお子さんに教える際には、
ストックは不要です。

持ちたがるお子さんも多いですが、
曲がれるようになってから、必要となる道具ですので、
あまりおすすめはしません。

では、両足のスキーを履いたら、
ゲレンデへ行ってみましょう。

まずは止まる練習からすることで、
子どもの恐怖心を減らしてあげることができます。

ski1 子どもにスキーを教えたい人必見!一日で一緒に滑れるコツを紹介!

いざとなって止まれなかったとなると、
トラウマになってしまいますもんね。

手を大きく広げて、板をハの字にして、
膝を曲げて止まるところを、
教える人がお手本で見せてあげましょう。

この時に子どもは下を俯きがちですが、
前が見えない恐怖が、結構恐怖心を煽るので、
なるべく遠くを見るようにアドバイスするのがおすすめです。

また、板の先端が重なってしまう場合もよくあるのですが、
この時は足の広げ方が狭いので、
大きなハの字にできるように声をかけてあげると、
重ならなくなります。

何度かチャレンジして、転ぶこともあるはずですが、
きちんと転んでからの立ち方もしっかり教えてあげた方が、
スキー嫌いになりません。

スキー板と斜面が垂直になるようにして、
立つことも徐々に教えてあげましょう。

平らなところで、転んで立つ練習をするのも、
ゲレンデですんなり立てるようになるコツです。

リフトに乗って降りる時は、かなり難関です。
一人では降りられない前提で、
腕を抱えてあげて、降りるといいですよ。

Sponsored Link

止まることができるようになったら、曲がる練習です。

これは止まることに比べたら、簡単です。
スキーは曲がりたい方向に体を向けるだけで曲がっていきます。

曲がって欲しい方向に目線を置くだけで、
子どもは自然に曲がることができます。
難しい理論はここでは気にせず、
向きたい方向に体を向けることが大事です。

子どもに教える時に気をつけたいのが、
手を繋ぎ、重心を支えてあげながら、
滑るのはできるだけ避けたほうがよいでしょう。

また、腰の周りにリードを付けて滑るのも、
子どもが滑ることにおいて、重心を自分で保つことができないので、
あまりおすすめできません。

どうしてもと言う場合は、
おへそのあたりを支えてあげるといいですよ。

スキーは慣れてくると、
スピードも楽しめるスポーツですので、
お子さんも早くその楽しさを味わえるといいですね。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

ファミリーにおすすめのランキング上位スキー場。ゲレンデ一挙紹介

子どもにスキーを教えたい人必見!一日で一緒に滑れるコツを紹介!

軽井沢で温泉に行きたい!子供連れに人気のおすすめ宿とその理由は?



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す