この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

子供とスキー!アイテムの選び方は?服装は?持ち物もご紹介。

子供とスキーに行くことになったけれど、
アイテムの選び方に迷うという方は多いはず。

また服装は?
持っていた方がよい持ち物もご紹介します。

Sponsored Link

まずは、スキーウェアについてです。

最近はつなぎタイプと上下分かれたタイプがありますよね。
雪遊びだけであれば、つなぎタイプのほうが、
雪がお洋服の中に入りにくいので、おすすめです。

しかし、スキーの時は、
突然トイレにいきたいと言う子供が多いので、
分かれたタイプが絶対におすすめです。

そして、できればリフト券ホルダーが
ウェアに付いているものが便利です。

スキー場で売っているリフト券ホルダーは、
うっかり子供の腕からするっと落ちてしまうことも・・・。

ski1 子供とスキー!アイテムの選び方は?服装は?持ち物もご紹介。

手袋は、ミトンタイプと5本指のタイプの2種類がありますよね。
普段から寒がりの子は
断然ミトンタイプがおすすめです。
5本指は指が動きやすくていいのですが、
あまり子供のうちは指を動かすということはスキーでは必要ないので、
暖かさ重視でミトンタイプがよいかと思います。

また、うっかりリフトの上で
手袋を落としてしまうトラブルも少なくないので、
ウェアに通す紐が付いているタイプの手袋が
落ちないので人気です。

中に着るインナーは、長袖のシャツにトレーナー、
寒い場合はフリースがあれば十分です。
もちろん、首元のネッグウォーマーも忘れないでくださいね。

また寒い場所でのスポーツですが、
スキーは結構汗をかくので、
替えのシャツを一枚持っていくと安心です。

Sponsored Link

パンツはスパッツや柔らかい素材のズボンを履くとよいでしょう。
ジーンズなどの硬い素材だと、
どうしても膝を曲げる動作の時に、
曲げにくくなってしまいます。

靴下は、いつも履いているものの
1.5倍の厚みのあるものがよいです。

ゴーグルは子供の目にフィットすれば問題ないでしょう。

ただ、帽子は耳まですっぽりとはまるニットのものが、
暖かいのでおすすめです。

最近はゲレンデでもこういったグッズが売っていますが、
ちょっと割高なので、できればしっかり準備していきたいものですね。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

子どもにスキーを教えたい人必見!一日で一緒に滑れるコツを紹介!

ランキング上位スキー場。ファミリーおすすめゲレンデ一挙紹介



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す