この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

芝桜が関東で見られる名所を紹介!見頃や入場料はどのくらい?

芝桜が関東で見られる名所を紹介します。
今年の見頃や入場料は
どのくらいかについても、まとめてみました。

Sponsored Link

まず、関東で一番有名な羊山公園。

秩父市の羊山公園の南側一角に、芝桜の丘があります。
見頃は毎年4月中旬から5月上旬までとなっています。
16,000㎡の規模で、かなりスケールも大きいですよ。

開花時期は西武鉄道や秩父鉄道で臨時列車が運行するので、
マイカーで行かない方も便利ですね。

芝桜は全部で9種類も咲いているそうで、
さまざまなグラデーションで楽しめます。

また羊山公園というだけあって、羊のふれあい牧場もあるので、
お子さんと一緒に行っても楽しめます。

ここは入園料がかかり、一般料金で300円。
また駐車場も普通車で500円となっています。

shibazakura 300x299 芝桜が関東で見られる名所を紹介!見頃や入場料はどのくらい?

次に群馬県の館林トレジャーガーデン。
時期は4月5日からゴールデンウィークまでと、
結構長く楽しめるところが特長です。

広さは80,000㎡で、
約25万株というかなりの花の量ですね。

入園料は花の開花状況に合わせて、
600円から1,800円と幅があるそうです。
駐車場は無料なのはうれしいですね。

毎年盛り上がっているのが、河口湖の富士芝桜。
世界遺産に認定された富士山をバックに、芝桜が広がります。

毎年4月半ばから富士芝桜まつりが開催されています。
2.4ヘクタールに約70万株と、ここも大規模ですね。

河口湖駅から、専用シャトルで約30分かかります。
入園料は大人で520円、駐車場は普通車500円となります。

ここは芝桜のみならず、同時期にミツバツツジも見頃だったり、
足湯があったり、富士山うまいものフェスタも同時開催しているので、
芝桜以外も楽しめるスポットが多いので、
毎年人気度が上がっています。

吉田のうどん、富士宮やきそばなど、富士山周辺のB級グルメが楽しめるので、
ファミリー連れに特に人気です。

Sponsored Link

栃木県の市貝町の芝ざくら公園は穴場スポットです。

ここは本州最大級の芝ざくら公園で、
総面積2.4ヘクタールになっています。

本州最大級なのに、なんと入場無料!
4月中旬から5月中旬が見頃予定です。
駐車場は普通車500円です。

園内はペットと一緒に入園可能で、
芝桜のほかに水晶湖という湖もあるので、
のんびり散歩がてらにという方に好評です。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

東京の夜桜おすすめエリアはどこ?屋台も楽しめる場所を紹介!

東京の穴場の花見スポットはどこ?ゆっくり過ごせるエリアはここ!



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す