この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

佐々木健介が引退?殺人?練習生からの内部告発も!実際の性格は?

佐々木健介が引退するという噂があります。

過去の殺人疑惑や練習生からの内部告発などが
引退の原因なのでしょうか?

実際の性格についても調べてみました。

Sponsored Link

佐々木健介が2月11日に引退とも取れる発言をしました。
後楽園ホールで弟子である中嶋勝彦に破れたことで、
リング上で、

「もう思い残すことは何もない。
 皆さんこの28年佐々木健介を
 応援してくれてありがとうございました」

とコメントしていました。

もう引退と捉えられてもおかしくないですよね。

sasakikennsuke 佐々木健介が引退?殺人?練習生からの内部告発も!実際の性格は?

しかし、佐々木健介は、
頚椎椎間板ヘルニアの影響の欠場から、
1年前に復帰したばかりです。

いいパパ、旦那様のイメージの佐々木健介ですが、
裏の顔が怖いという噂があります。

まずは、殺人疑惑。

1995年1月26日に新日本プロレスの
練習生だった当時22歳だった権瓶広光さんが、
練習中に脳挫傷で倒れて4日後に死亡してしまいました。

この時のコーチは佐々木健介です。
原因は権瓶広光さんに仕掛けた
佐々木健介の技とも言われています。

殺人事件と断定したのは、
アメリカのプロレスラー、
クリス・ベノワさんです。

Sponsored Link

「権瓶広光の殺人事件はプロレスの歴史の中でも
 おぞましさにおいて1、2を競うものだろう。
 殺人容疑者が罰せられることもなく、
 超のつくほどの有名人になっているのだからなおさらだ」

とコメントしています。

当時の事故の状況は、権瓶広光さんに
佐々木健介がかけた危険なスープレックスを
何度も繰り返した上に、危険な角度から落としていた
ということなのです。

それも事故の1週間前に入団したばかりだったそうで、
加減を知らないからなのか、シゴキだったのか、
今も佐々木健介の口からは何も語られていません。

他にもこんなエピソードがあります。

以前、健介オフィスに所属していた西川潤も
佐々木健介の壮絶なシゴキを暴露しています。

主に理不尽な暴行が多かったようで、
何も悪いことをしていないのに
殴られることが日常茶飯事だった様子。

実際にハードな練習をこなさなければ、一流にはなれないと、
後輩へのシゴキは愛情表現とプロレス界では思われがちですが、
佐々木健介の常軌を逸した暴行は犯罪の域にまで達していたと言います。

嫁の北斗晶も一緒に暴言を吐いていたというのだから、驚きですよね。

sasakikennsuke2 佐々木健介が引退?殺人?練習生からの内部告発も!実際の性格は?

昔から、佐々木健介は性格は悪いと言われていて、
しごかれた選手たちは、今も佐々木健介に対して
よい印象持っていないとのこと。

こうなったのは佐々木健介の過去にあるのでは?という声も!

昔は父親から毎日暴力を受け、
近所の家に逃げていて、家を出たそうです。

その後、母親が今度父親から暴力を受け、
母親が逃げ出したことで、
健介に父親から連絡が来ていたのですが、
それを無視していたら父親が自殺したという過去も・・・。

壮絶なしごきは過去が原因なのでしょうか。

佐々木健介はいいパパのイメージなので、
本当でなければいいのですが、
真実味は高いようです。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

福山雅治もゴーストライターがいるという噂



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す