この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

坂口憲二ドラマに恵まれず打ち切り不安!医龍4で再起を図る

坂口憲二の「医龍4」が
1月からスタート。

最近はドラマの打ち切りの不安も
心配されるようなドラマに出演していた彼ですが、
今回の医龍は今回が4シリーズ目。

今作は再起の作品としたいところですが。。。。sakaguchi2 300x304 坂口憲二は医龍で再起できるか?最近はドラマ打ち切りの不安も。

Sponsored Link

内容は、坂口憲二扮する天才外科医が
活躍する人気医療ドラマ。
前作からは約3年ぶり。

ファンも多くいるので、
今回は打ち切りなんてことはないかと思われます。

2013年、坂口憲二は、ドラマ以外の舞台でも活躍した年でした。

格闘家である兄・征夫のセコンドとして、DDT両国大会に出場。
兄がピンチになると、上着を脱いでリングインして、活躍を見せていました。

さすがサーフィンを趣味にしているからか、
いい体つき様子だったとのこと。

ちなみに兄はPRIDEにも出場経験あり、
父はプロレスラーで柔道家のまさに格闘一家です。

sakaguchi 坂口憲二は医龍で再起できるか?最近はドラマ打ち切りの不安も。

昔はその影響あってか、高校のときは
ヤンキーで周りから恐れられていたそうですよ。

2013年は以前と違ったステージでも活躍した坂口憲二ですが、
まさかのドラマが打ち切りの危機も心配されていました。

それが伊藤英明と共演したドラマ「ダブルス」
W主演での2人の刑事の話ですが、
危うく視聴率が1桁台に転落しそうになり、
ギリギリの10.9%となりました。

ネットではW主演のわりには、
2人ともただテンションが高いドラマで
演技力は大したことがない。

女性の視聴者の取り込みに失敗していて、
内容もつまらないと酷評されていました。

実は、坂口憲二は以前もドラマの打ち切りの経験がありました。

「愛するために愛されたい」というドラマで
キャストは黒木瞳や柳葉敏郎、菊川怜と豪華キャストですが、
視聴率はまさかの4.1%。

これは内容がSFチックなドラマで、
ストーリーが迷走していたためとも言われています。

Sponsored Link

そのため、柳葉敏郎は脚本に不満をぶつけ、途中降板しました。
そして、テロップから自分の名前を外してくれと頼み、
彼の名前は消えたというトラブルも・・・。

そんな過去もあるため、
以前人気だった「医龍」で再起をしたい坂口憲二。

役どころとしては「池袋ウエストゲートパーク」でも
かなりどぎつい役柄を演じた坂口憲二。

決して彼の演技力の問題ではなく、
キャスティングや脚本の影響で苦い経験をしているような気もします。

今後の彼の作品に期待したいものですね。



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す