この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

業務スーパー子どもに中国産大丈夫?安全性のある節約できる利用方法

業務スーパーと言えば、
名前の通り、業務食品ばかりと思いがちですが、
実際は、個人のお客さんが多いようです。

量の多さと激安価格が売りですが、
気になるのが中国産が多い点。

子どもに大丈夫なのでしょうか?

ここでは、
業務スーパーを使った、
安全性のある節約できる利用方法を紹介します。

Sponsored Link

業務スーパーは中国産が多い?

そんなことはありません。

業務スーパーが売りの鶏肉は、
国産であったり、ブラジル産です。

中国産であるものは、
乾物系のしいたけやひじき、わかめは多い気がします。

そのほかに、即席スープであったり、
鶏ガラスープやコンソメスープの素。

冷凍食品や水煮も、
確かに多いようですね。

中国産が気になる場合、気を付けたいこと

我が家では、ぜんまいや山菜ミックス、
タケノコ水煮などを購入します。

しかし、やっぱり中国産は不安なので、
一度熱湯で火を通してから、
使っていますよ。

業務スーパーの経営母体は、
神戸物産。

大きな会社で、
独自の安全管理システムで、
「安心・安全」を掲げているので、
そんなに問題はないのではないかと思います。

安全性あり!かつ節約できる食品とは?

フライドポテト(カナダ産、またはベルギー産)

ナチュラルカットタイプのこちらの商品は、
一品足りないと思った時に、
サッと揚げられるのでおすすめ。

うどん、そば、焼きそば

我が家は焼きうどんや、焼きそばをよく作るので、
1袋19円をヘビロテ中です。

味については、
特にうどんは、他の袋うどんと、
変わりません。

そのほかに、人気の冷凍讃岐うどんは、
5食で150円くらいだったかと思います。

七味や一味、塩コショウは、スーパーよりちょっと安い

業務スーパーに置いてある香辛料は、
ハチ食品という、
通常のものより、2.30円安い商品を展開しているものです。

味も他メーカーのものと、
変わりません。

パスタは500グラムで100円切る!

業務スーパーのパスタは、
安さだけではありません。

ちゃんと太さも3種類ほどあり、
用途に合わせて、選べますよ。

ソーセージは有名メーカーのものを選ぶ

業務スーパーオリジナルのものや、
大容量パックは、おすすめしません。

聞いたことがあるメーカーのものも、
通常のスーパーより安いので、
充分お得です。

店舗によってですが、
シャウエッセンが安い時もありました。

大容量のものは、
個人的な感想ですが、
魚肉ソーセージのような感触で、
苦手でした。

大豆食品もおすすめ!

大豆食品はほとんど国産であり、
遺伝子組み換えしていないと表記があります。

豆腐や納豆、油揚げ、厚揚げ、
そのほかにもこんにゃくやさつま揚げも、
国産のものばかり。

いかがでしたでしょうか?

何度か通っていると、
それぞれの家庭で、
リピートしたいお得なアイテムが見つかるはずですよ。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

パンパース肌へのいちばんパンツタイプの口コミ!肌荒れ防止?

35歳以上の初産に葉酸は大事!ダウン症の心配と摂取すべきものとは?



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す