この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 3 分

旅館ホテル安く泊まる方法は?時期と予約で損をしないハウツーまとめ

行きたい旅館やホテルがあったときに、
もう少し安く泊まれればな〜と思ったことはありませんか?

旅行ポータルサイトや、
旅行代理店など、
いろんな方法で安く泊まる方法があります。

安く泊まれる時期や、
予約で損をしないハウツーをまとめてみました。

Sponsored Link

一つ目は競争率が高いのですが、
とってもお得になる場合です。

テレビ放送を狙う

それは旅館やホテルが「テレビ放送」された時。

旅行に行きたいな〜と思った時、
ぜひテレビ欄で「旅番組」をチェックしてみてください。

その中でも、テレビ東京「厳選いい旅」は、
比較的、連続して放送されているので、
安いプランをチェックするには、
最適です。

その時期に、どこよりも最安値で提供されています。

ただ、限定○組などと、
あらかじめ決まっていることが多いので、
受話器や携帯を片手に、
準備の態勢に入っておいたほうがよいです。

JRのセットプランを狙う

これはJR利用の人におすすめです。

びゅうのセットプランが断然お得です。

よくJRの駅構内に、
旅行のポスターが貼ってますよね。

JRのハウスエージェントである、びゅうは、
切符代をどこの代理店よりも安く仕入れることができます。

そして宿泊料金も安く仕入れているため、
どの代理店よりも安く提供できるのです。

それも切符代が、
他エージェントと比較にならないくらい仕入れ値が安いので、
非常に安いです。

特に伊豆や熱海方面は、
びゅうは力を入れています。

また新幹線での移動を考えている方にも、
びゅうでの予約がおすすめです。

トクーやクーポンを使う

卸値料金で販売しているトクー、
クーポンサイトであるグルーポンやポンパレを使うのも、
とってもお得です。

ただ、こちらは、
平日のみの対応で、
休日に旅行をしたい場合は、
追加料金を出すか、もしくは不可の場合が多いです。

平日旅行をしたい人には、
料金も観光地も、穴場的に巡ることができるので、
ヘビーユーザーが多いことも特徴です。

自社サイトで予約する

Sponsored Link

旅館もホテルも、
代理店を通すと、
手数料が発生しています。

JTBや近畿日本ツーリストなど、
よく路面店である代理店の手数料は、
通常、低くて10%、高いと40%の場合もあります。

ネットエージェントと言われる、
楽天やじゃらんなどは、
8%から、15%ほどです。

そう考えると、
旅館やホテルは、
いかに手数料を支払わないで、
集客できるかを必死で考えます。

それが自社サイトでの販売。

よく「ベストレート保証」とHPに記載されていますが、
これは「自社サイトが一番安いですよ」という意味合いです。

そのため、宿泊料金だけであれば、
ネット販売に注力している施設は、
ホームページがベストレートのところが多いです。

ポイントが貯まったりする特典はありませんが、
安さだけを考えるなら、
ホームページがお得です。

一番お得に泊まれる時期は?

その観光地によって、
旬が異なります。

例えば、スキー場近くの旅館は、
スキーシーズンは高いので、
繁忙期である、
1月2月は高い料金設定になっています。

逆にスキーシーズンが始まる12月初旬、
シーズン終了の3月になると、
料金が下がってきます。

その土地の観光も楽しむのであれば、
旬が終わるであろう時期を狙うと、
お値打ち価格であることが多いです。

また、年末年始が終わったあとの三連休の翌週、
ゴールデンウィークの翌週は、
料金が落ち着く場合が多いです。

たくさん人が訪れたあとは,
非常に狙い目です。

年に何度も行ける旅行ではないので、
お得に楽しく行きたいものですよね。



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す