この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

入学祝いの金額の目安は?最適な時期ともらって嬉しいプレゼント

入学祝いの金額の目安って
どのくらいなのでしょうか?

また渡すのに最適な時期と
もらって嬉しいプレゼントについて調べてみました。

Sponsored Link

入学祝いを渡す時期は、入学が決まってから
入学式の2,3週間前に送るのが一般的です。

金額は現金を送る場合は5,000円から10,000円くらいが妥当です。
関係性にもよりますが、
近い孫など血縁関係が近い場合は10,000円、
姪や甥などであれば、5,000円ほどと言われています。

また小学校、中学校、高校、大学と金額が異なるようで、
年齢があがるにつれ金額は上がっているようです。

お金以外ですと、
ランドセルや学習机は両親や祖父母が贈ることが多いので、
あらかじめ何がほしいか聞くか、
いくらあっても良さそうな実用品がおすすめです。

例えば文具券や図書カードが無難です。
文具券は子供が自分で選んで購入できたりするので、
特に小学生になる子には喜ばれるそうですよ。

現金以外で金額がわかりにくいもので
渡したい場合もありますよね。

Sponsored Link

そういった場合は、
遠足が学校では必ずあるのでリュックがおすすめです。
お弁当や水筒、雨具、シートなどが入る容量のものがいいでしょう。
キャラクターものだと流行り廃りがあるので、
あまり個性的なデザインでないものが喜ばれますよ。

また傘もおすすめです。
入学してから少しすると梅雨の時期がきますし、
必ず使う機会が出てくるのが傘。
実用品としてはもらって嬉しいものの一つです。

毎日使うものではハンカチもお母さんたちが喜ぶプレゼントの1つ。
詰め合わせのような形でハンカチを
プレゼントしてみてはいかがでしょうか?

比較的低予算で、あまり相手に気を使わせすぎずに
プレゼントできるのでおすすめですよ。

逆に文房具やバッグなどは
学校によっては指定のものがあるそうです。

文房具は1年生のうちはキャラクターものは
授業に集中しないので禁止とか、
制約が結構ある学校も多いそうですよ。

事前に聞くことができればいいですが、
プレゼントってそういうわけにもいかないので、
ご紹介した品物をぜひ検討してみてくださいね。



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す