この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

35歳以上の初産に葉酸は大事!ダウン症の心配と摂取すべきものとは?

35歳以上の出産は、
通常、「マルコウ」と言われ、
高齢出産として、
リスクが高いと知られています。

しかし、現在は4人に1人は、
35歳以上での出産。

初産の方も割合的には増えているそうです。

35歳以上での出産は、
ダウン症や先天性異常の点からも、
葉酸が大事だと言われています。

妊娠確率をあげるためにも、
摂取すべきものは、
何なのか、押さえておきたいですよね。

Sponsored Link

35歳以上は葉酸が大事である理由

ダウン症の発症は、
35歳だと0.3%ほどですが、
40歳を過ぎると、
1%を超えてきます。

高齢出産ほど、
リスクが高まることは、
ご存知の方も多いはずです。

葉酸はDNAやRNAといった核酸の源になる成分を作り出します。

この核酸がないと、
細胞の再生が難しいんだとか。

どういうことかと言うと・・・

妊娠6週目あたりに、
中枢神経や脳ができあがります。

この時期に葉酸が不足している=核酸が足りない=細胞の再生が難しい、
つまり、先天性異常が出やすいと言われています。

リスク回避のためにも、
葉酸摂取は大事なことの一つです。

ダウン症は予防できる?

すでにアメリカでは、
妊娠したいと思う3ヶ月前から、
葉酸の摂取を勧めています。

ダウン症と関係のある、
神経管欠損。

このリスクが葉酸を摂取することで、
72%も減ったと言う報告もあります。

必ず予防できるわけではないですが、
葉酸を摂取していたほうが、
確実に良いということになります。

妊娠するために摂取すべきものとは?

ここまでお話しした通り、
葉酸はあくまでリスク回避のためのもの。

その他に子宮をふかふかにし、
着床しやすくするルイボスティー。

基礎体温を安定させるために、
漢方薬。

冷え性を改善するために、
マカ。

それぞれの体調のお悩みによって、
摂取することをおすすめします。

風邪薬などのように、
すぐに効果が出るものではないのですが、
数ヶ月で体に変化を感じる人が多いようですよ。

妊活中の方、
ぜひ試してみてくださいね。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

葉酸サプリいつ妊娠できた?マカとの併用で着床可能性がアップ

東尾理子使用の美的ヌーボは夫婦で飲む!35歳から男性の精子に影響も



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す