この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

【簡単解説】サッカーのオフサイドって?内容と理由まとめました

サッカーを見てると
「今のってオフサイド?」
って会話を耳にしませんか?

サッカーでよく聞くオフサイドって
いったいどんなルールなんでしょうか?

内容と理由を簡単解説でまとめました。

Sponsored Link

まずはオフサイドについて解説する前に、
説明しておかなければいけないのが、オフサイドラインのこと。

オフサイドラインとはどこかについてを、
まず説明していきましょう。

オフサイドラインとは、
ゴールから2番目に近い場所の守備(ゴールを攻められているチーム)
の選手の場所と、
ゴールの前のラインと平行に引かれた線が、
オフサイドラインとなります。

この場合は、ゴールキーパーは守備の選手として含まれません。

オフサイドとは、このオフサイドラインより、
ゴール側での攻撃を禁止するためのルールです。

具体的に言うと、このオフサイドラインよりゴール側で、
パスをもらって、シュートをしてはいけないんです。

Sponsored Link

ただし、例外として、
守備の選手が相手側の陣地に全員が入っている場合は、
このオフサイドラインは有効ではありません。

要は守備の陣地で、
ゴールに一番近いキーパー以外の選手より、
ゴール側でパスをもらってはいけないのです。

なんでこんなルールがあるかと言うと、
オフサイドとは、サッカーの質を落とさないためのルールなんです。

簡単に言うと、
オフサイドというポジションを作ることによって、
ゴール前での待ち伏せを禁止しているのです。

まずはオフサイドを理解するために、
オフサイドラインがどこになるかについて説明します。

サッカーは英国文化が融合されていて、
紳士的なスポーツとされているため、
こんなルールがあると言われています。

メッシの年俸はいくら?性格はいいの?奥さんはどんな人なの?



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す