この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

織田裕二のドラマの視聴率が悪い!理由は性格?踊る大捜査線のせい?

織田裕二のドラマの視聴率が散々な結果なんだとか。
2013年の連続ドラマ「Oh, My Dad!!」は、
初回13.3%、2話8.4%とひどい結果。

先日の日本テレビのスペシャルドラマ
「奇跡の教室」は11.1%と、織田裕二を使って、
この視聴率は関係者も予想していなかったようです。

一時期、大ブレイクした織田裕二だからこそ、
視聴率がここまで悪いと、
何か理由があるのでは?と思いませんか?

Sponsored Link

実は性格と「踊る大捜査線」が関係しているんだとか。

最近は、TBSも世界陸上で毎回織田裕二を使っているのですが、
ギャラが高すぎて切りたいと思っているそうです。

そして、今回のドラマの視聴率のひどさ。

視聴率が低いのは、
ドラマの収録時には織田裕二のわがままがひどいからだと言われています。

織田裕二は、現在フジテレビが囲ってくれてるから、
俳優ができているような状況と言われてもおかしくないほどの蜜月関係。

この原因は踊る大捜査線の生みの親である亀山氏が、
フジテレビの社長になり、
織田裕二をかなり優遇しているんだそうです。

以前、フジテレビドラマ「外交官黒田康作」では、
共演した柴咲コウに対して、
演技指導を猛烈にし、
「何か、違うんだよ」と攻めるように怒っていたと言います。

そして最終的に柴咲コウのセリフをカットし、
自分のセリフを増やしたりしたそうです。

Sponsored Link

この一連の理不尽な流れで、
柴咲コウ側から共演NGとなってしまったんだとか。

ちなみにこのドラマも視聴率13.3%と低視聴率でした。

同じような理由で柳葉敏郎とも
共演NGになってしまった織田裕二。

こういった流れは、
フジテレビ側が織田裕二に何も言えないのが
事を悪化させてるという意見もあります。

その流れで、他局でもわがままを言い放題で、
自分のやりたいようにドラマの収録をし、
周りのスタッフの評判も悪いんだそうです。

確かに踊る大捜査線は大ヒットしたので、
実力があるっちゃあるのかもしれませんが、
全てのドラマに同じように口出すのはいかがなものかと思います。

踊る大捜査線のヒットで、
何も言えなくなったフジテレビ。

思えば、フジテレビって、
過去の功労者に頭が上がらないイメージがありますね。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

HERO続編が決定?しかし北川景子が相手役で早くも不安の声が!

映画ジャッジ出演妻夫木聡の熱愛彼女は?柴咲コウとまた復縁はあり?



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す