この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 4 分

モモクロが国立で2日間ライブ!史上最年少記録でAKB48を抜く!

モモクロがついに国立競技場でライブを!!
これにはモノノフ達も大号泣!

モノノフには嬉しいサプライズ発表となった!

国立競技場はAKB48が、2014年の3月29、30日と
単独公演を行うことを発表しています。

国立競技場は東京オリンピックに向け、
2014年の7月から改修工事に入るのですが。。。

現在のところ、AKB48が国立最後のアーティストですが、
これには今年9月にライブを行った嵐も黙ってはいないでしょう。

そんな『聖地』国立競技場ですが、
なぜ聖地と言われているのか、
その理由と、気になる収容人数を調べてみました。
momokuro モモクロが紅白に続き国立競技場!国立の場所と収容人数と聖地の理由

Sponsored Link

国立最後のアーティストを巡ってのバトルが勃発

国立競技場でのライブを巡っては、
嵐とAKB48、モモクロの三つどもえで話題になっていまいしたね。

というのも、
2013年9月に行われた嵐の『アラフェス2013』が
国立で行われる最後のライブと、派手に報道されていました。

ライブ中にも、『国立で唄最後の人になるね。みんなもだよ!』
と、ファンに投げかけ、大歓声だったという。

このアラフェス2013はDVD化がきまっているそうですが、
その後、AKB48が国立でライブをする事を発表!!!

このまさかの発表に、周りは黙っちゃいません。
そして、先ほども紹介したDVD化の話ですが、
そうなると、この部分が差し替えられるのでは?
と嵐ファンがネットで大騒ぎしはじめました。

momokuro3 モモクロが紅白に続き国立競技場!国立の場所と収容人数と聖地の理由

そして、気になるモモクロはというと、
2013年元旦でのライブで、重大発表と称して、

『次の目標は国立競技場でのライブ!!!』

と宣言していたのです!

 
※※こちらの記事も人気があります※※

嵐の偽サインがオークションに!本物と見比べてみる

大島優子がうつ病?安堂ロイドで燃え尽きたか?
 

そうなってくると、黙っていないのは、
やはりジャニーズではないのかと言われています。

ファンを巻き込んでの『最後の国立』という聖地の奪い合い。
一体どこに軍配があがるのかと、注目されていました。

すでにライブの日程を発表していたAKB48。
同じやるなら、国立最後のアーティストを狙いたいところ。
そこで、気になるのはモモクロの動きだったのですが。。。

momokuro2 モモクロが紅白に続き国立競技場!国立の場所と収容人数と聖地の理由

遂に発表されました!!
モモクロ国立ライブ決定です!!!

そして公演日は2014年3月15日
この日はメンバーの有安杏果の誕生日でもあります。

さらに、
国立での単独ライブとしては史上最年少記録!
それに加え、女性ブループ初となるのです!!

以前、モモクロリーダーの百田夏菜子は

『紅白のステージは夢の通過点でしかない、
 国立競技場で絶対にコンサートをする!!』

とも宣言していましたが、
まさにその通り、実現する事となりました。

これは完全にAKB48を出し抜いたカタチになります!!

そして、この発表を聞いたAKB48のファンも黙ってはいません。
アラシック、モノノフとファン三つどもえの対決も見物となってきましたが。。。

Sponsored Link

この抗争は、どのようにして終わりをむかえるのでしょうか?
最後はやっぱり、、、、、

という結果になると思うのですが、
あとは所属事務所のチカラと、
どこまで国立最後のアーティストにこだわるか。

というところでしょうか。。。

聖地と言われる国立競技場ってそんなに凄いの?

国立競技場は、前回の東京オリンピックのために建設されました。
場所は神宮球場の近く、駅で言うと、JRは千駄ヶ谷、
大江戸線国立競技場、銀座線外苑前という、
都内でアクセスのいい立地条件の場所にあります。

なぜ、国立競技場が『聖地』といわれているのか。
それは、ここが様々なスポーツ競技の決勝に使われる事が多いからです。
すなわち、この国立競技場こそが、
日本の頂点を決めるにふさわしい場所。

momokuro5 モモクロが紅白に続き国立競技場!国立の場所と収容人数と聖地の理由

ということから、『聖地』と呼ばれるようになりました。

ここでは過去、様々なアーティストがコンサートをやっていますが、
その頂点をきめる聖地に立てるという事で、
ライブをするにも神聖なる場所として扱って来たようですね。

ここでのコンサートをするには、
条件がかなり厳しく、過去には年間2回しか
コンサートはやっていなかったそうです。

その審査とは、天然芝を保護する為の規定や、
近隣配慮の為の、午後九時までの時間規制など。

夏の名物、神宮外苑花火大会の会場も
この国立競技場となっていますね。

気になる収容数は5万人と発表されています。

過去に国立競技場でコンサートを行ったアーティストは
SMAP、嵐、ドリカム、ラルク。
そして、今後予定のAKB48とモモクロに続く。

これを見る限りでも、
この国立競技場でのライブは難しく、
過去数年をみても、一年間に2組しかライブを行っていなかった。

中途半端なレベルのアーティストでは、行う事ができない。
まさに『聖地』と呼ぶにふさわしい場所である。

この競技場は、2014年7月から解体工事に入り、
2019年3月に新しく完成する予定。

momokuro4 モモクロが紅白に続き国立競技場!国立の場所と収容人数と聖地の理由

果たして、最後の聖地に立つのは、
AKB48なのか、嵐なのか・・・・。

※※こちらの記事も人気があります※※

嵐の偽サインがオークションに!本物と見比べてみる

大島優子がうつ病?安堂ロイドで燃え尽きたか?



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す