この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

妊娠中の腰痛対策に効く方法って何?ベルトやマッサージが効果的?

妊娠中の腰痛対策に効く方法って
何でしょうか?

よく聞くベルトを付けるとか、
マッサージが効果的って聞くけど、
本当なのか、まとめてみました。

Sponsored Link

安定期が過ぎると、お腹が徐々に出始め、
腰痛を感じる妊婦さんは多いのではないでしょうか?

戌の日を過ぎ、慣れない妊婦帯を付けて、
もしやこれが原因?と思い、外してみても一向に回復せず・・・
なんて経験の方も多いはず。

この腰痛の原因は、
妊娠をきっかけに「リラキシン」という女性ホルモンの分泌が多くなり、
これによって骨盤周りの痛みが増すと言われています。

骨盤が開くことによって、
支えが不安定になり、周囲の筋肉が硬く緊張してしまい、
腰痛になるというメカニズムです。

また、お腹が大きくなることでどうしても重心が前に偏りませんか?
そのため、どうしても腰あたりが痛くなってきます。

妊娠中に限らず、腰痛対策の基本は、
猫背にならず、正しい姿勢を心がけることです。

妊娠後期になると、
赤ちゃんがだんだん大きくなって、猫背になっていると、
お腹周りが圧迫されて、苦しいので、
早い段階から正しい姿勢を心がけておくのがおすすめです。

Sponsored Link

また、湯船に浸かって温めるという考えもありますが、
妊娠中は細菌に感染しやすかったり、
お腹が張りやすくなる場合もあるので、
事前のお医者さんに相談してからがいいかと思います。

また、トコちゃんベルトという、
骨盤関節の緩みを防ぎ、
産後の緩みの回復を促進させるベルトも多くの妊婦さんが使っていますよ。

こちらは従来の骨盤ベルトと異なり、後ろ側に重心がくるような設計になっていますので、
腰痛と産後の体型対策について、早めに考えている方におすすめです。

また、マッサージはかなり効果的です。
恥骨と呼ばれるちょうどシッポが生えてくるような部分を、
軽く押すと腰痛が少し楽になる場合も多いので、試してみては?
陣痛中もこの部分が痛くなる場合が多いそうですが、
テニスボールを押し当てているなんて話もよく聞きますので、
妊娠中から使ってみるのもいいかもしれませんね。

また腰全体を優しくマッサージすると、
だいぶ症状が軽減されることも多いはず。

自分でやるのが難しい場合は、パートナーにしてもらうのもよし、
最近では妊婦さん向けの整体プログラムを提供しているところもあるので、
ぜひ試してみてください。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

妊娠中に気を付けたい糖尿病って治るの?食事対策が大事な理由

妊娠線予防いつから?マタニティ人気クリーム、ニベア効果は本当?



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す