この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

結婚式の実際の費用は?ご祝儀以外の親の負担ってどうしてる?

結婚式の実際の費用って
どのくらいかかるのか、
ご祝儀以外の親の負担って、
それぞれどうしているんだろう・・・

結婚が決まっても、
何かと不安が多いのが、結婚式のこと。

Sponsored Link

結婚式の費用は、地方によってばらつきがあるのですが、
100人弱を呼んだとして、平均350万ほどかかると言われています。

結婚式を挙げている人は多いのですが、
実際に本人たちはどのくらい負担しているのかも気になりますよね。

結婚式に350万もかかるなんて、
貯金がないと結婚式は諦めなきゃなと思う方もいらっしゃるはず。

しかし、あくまで平均的な金額ですので、
会場によっても金額が大きく変わるのでご安心ください。

まず、結婚式に招待した人からは、
ご祝儀をいただくことがほとんどです。

呼ぶ人によって、包む金額も異なりますが、
友人一人であれば、首都圏であれば3万円、地方であれば2万円が
相場の平均金額になっています。

親戚になると、相場が一気にあがります。
友人よりも倍くらいの金額になる場合が多いのが通例です。

そのため親族のみの結婚式だと、
本人たちの負担額は少ないとも言われています。

Sponsored Link

最近では、規模の小さい会場で、
親族のみで行うというカップルが多いようですよ。

親族紹介もゆっくりできるし、
何にせよ、呼ぶ側の負担額が抑えられるということがメリットかもしれません。

そして一番デリケートな問題が、双方の親との費用の分担のこと。

招待ゲストの人数の差というのは、
新郎新婦で生まれるのは当然です。
また衣装代も新婦側が高いのは避けられません。

費用の分担を両家で決めるには、
事前に話し合っておきましょう。

ゲストの人数割りにするのか、全体の金額の折半にするのか、
具体的な金額がわかった時点で早めに相談しましょう。

方法として、平等にするには、
料理や引出物、招待状など人数によって変動するものは人数割りで、
それ以外の衣装やお花代などは折半にしていることが多いようですよ。

夫婦生活のはじめのハードルが結婚式の準備なんて言う人も多いですよね。
準備に手間がかかることが多いですが、
当日はその苦労も忘れるほど、感動が多いものですよ。



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す