この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

真木よう子の演技がセリフ棒読み?下手だけど、ゴリ押しの理由は何?

真木よう子の演技がセリフ棒読みで
ひどいと言う声がありますね。

しかし、真木よう子は最近はよく
ドラマや映画に出演していますよね。

ゴリ押しの理由は、一体何かあるんでしょうか?

Sponsored Link

春からMOZUという新ドラマに出演が決定、
先日は宮本武蔵に出演したり、
今や売れっ子女優の一人となっている真木よう子。

しかし、真木よう子の演技は賛否両論です。

最高の離婚ではセリフが秒読みと酷評されたり、
さよなら渓谷では、その過激なシーンを演じ切り、
かなりの高評価でした。

特に、モスクワ国際映画祭では、
女優としての株をあげたイメージがあります。

magiyouko 真木よう子の演技がセリフ棒読み?下手だけど、ゴリ押しの理由は何?

真木よう子の演技に賛否両論あるのは、
どうやら真木よう子の演技への姿勢に理由があるそうです。

脚本を読み、役柄を頭で理解して、納得してから、
役柄を自分の体に叩き込むそうです。

演じる役が感情移入しやすい場合は、
自分を追い込んで演じきることができるそうです。

しかし、役柄の感情が納得できない時は、
セリフは棒読みで、素人のような演技になってしまうんだとか。

また棒読みと言われるのは、
滑舌が悪く、セリフの抑揚がなくなり、
棒読みに聞こえるそうですよ。

Sponsored Link

宮本武蔵の時も大根役者と酷評されていましたが、
お通の役柄が合っていなかったという声もあります。

元々、地声が低いので適役ではなかったという声や、
お通の年齢設定が10代というところもあり、
明らかにミスキャスティングだろという関係者の声もあったそうですよ。

しかし、一方で役柄に入り込んだ時の彼女の演技は大絶賛されています。
役柄によっては、絶賛している関係者の思い入れがあるそうで、
次から次へとオファーがあるんだそうです。

まもなく始まるMOZUでは、どんな演技を見せるか楽しみですね。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

ダブルフェイス2014の続編は?西島秀俊の筋肉が見たいとの声も?



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す