この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

河津桜の見頃は?行くなら断然バスツアーかJRで行くのがおすすめ

首都圏から行けるエリアで、
早く桜が楽しめる河津桜の見頃って
いつなのでしょうか?

行くなら断然バスツアーか
JRがおすすめです。

 
ここでは家族連れでも楽しめる
ツアーの内容もご紹介していきます。

Sponsored Link

河津桜の見頃は、毎年2月下旬から3月上旬あたりです。

桜まつりの開催地は、
伊豆急行の河津駅から徒歩8分ほどのところにあるので、
電車で行っても徒歩で行けるので便利ですね。
そして出店などもあるので、
花より団子の方もお楽しみいただけるはず!

夜間鑑賞は18-21時となっていて、
夜桜鑑賞もなんとも幻想的です。
カップルで行かれる方なんかにいいですよ。

駐車場は普通車が1600台収容で、500円かかります。

河津桜とは一体どんな桜なのでしょうか。
通常の桜より花が大きくピンク色なのが特徴で、
ソメイヨシノなどより早く咲くので、
一足早く春の訪れを楽しみたい人にはおすすめですよ。

kouzusakura2 河津桜の見頃は?行くなら断然バスツアーかJRで行くのがおすすめ

マイカーでも十分楽しめるのですが、
JRとバスツアーが断然お得です。

日帰りであれば、JR利用で
10,000円前後の予算で楽しめます。

基本のセットは、
往復のJRと伊豆急行と路線バスフリー乗車券内容です。

これに桜まつりでの1,000円の利用チケットであったり、
伊豆今井浜東急リゾートでのランチビュッフェが付いていたり、
パリの公園をイメージした河津バガテル公園でのバイキングや、
家族連れに嬉しい伊豆アニマルキングダムの入園+昼食付きなど、
JRでもいろんなパックがあるようです。

JRを利用するときは、
断然びゅうのツアーがおすすめです。

Sponsored Link

理由はどこの旅行代理店より、
JRの切符をびゅうが安く仕入れることができるため、
料金が安くいいプランで利用できるからです。

バスツアーでも構わないと言う方には、
クラブツーリズムがおすすめですよ。

都内でもいろんな場所からバスが出ているのと、
安いプランから贅沢ツアーまで様々あります。

安いプランだと、4,000円前後で河津に行けるプランも!

南伊豆でも桜を見られたり、
買い物スポットを巡ったり、
昼食のお弁当もついて、
バスツアーなので6,000円前後で行けるツアーもお得ですね。

kouzusakura 河津桜の見頃は?行くなら断然バスツアーかJRで行くのがおすすめ

また伊豆のグルメも堪能したい!という方には、
14,000円前後で、河津桜以外にも雛のつるし飾りを見学、
そして、いちご狩りもできるんです。
まさに春のグルメを早めに堪能できる楽しそうなツアーですね。
 
昼食のお弁当は金目鯛ご飯などの名物も楽しめるので、
このツアーもおすすめです。

その他にも伊豆での寿司食べ放題がついているもので
数年続いている「時の栖」というスポットでのイルミネーションも楽しめる
8,000円前後のツアーも人気のようですよ。

都内よりもちょっと早い春の訪れを感じるのに、
河津桜を見に出かけてみませんか?

banner 河津桜の見頃は?行くなら断然バスツアーかJRで行くのがおすすめ



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す