この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

東風万智子が真中瞳からなぜ改名したの?干された理由をまとめました

東風万智子が真中瞳から、
なぜ改名したのか不思議に思う方も多いはず!

実は干されたなんて噂も・・・
一体なぜ干されたのか理由もまとめてみました。

Sponsored Link

2009年に真中瞳から改名した東風万智子。
3月31日からフジテレビの昼ドラで主演を務め、
女優としての活躍はこれからも期待できそうですね。

ちなみに東風万智子は、「こちまちこ」と読みます。

初めて見る人は「とうふう」と呼んでしまいそうになりませんか?
上から読んでも、下から読んでも同じであることも特徴だそうですよ。

今回のドラマはは玉の輿婚、不妊治療、代理母出産などを通して、
女の幸せは何かを問うようなドラマとなっています。

ドラマの主人公に負けじと、
改名したりと波乱万丈なタレント人生を送ってきた東風万智子。

東風万智子と言えば、以前の芸名は真中瞳。
今だに真中瞳と言われないとわからないと言う人も多いかと思います。

Sponsored Link

改名した理由は、一時期干されていた時期があり、
再度活動していくために、心機一転改名したと言われています。

干された理由はいくつかあるそうですが、
有力なエピソードをご紹介したいと思います。

真中瞳時代に、当時はニュースステーションでキャスターをしていました。
その裏番組のドラマに出てしまうというタブーを犯してしまいました。

運が悪く、そのドラマが低視聴率となり、
当時所属していたワタナベエンターテインメントも、
フォローしきれず、芸能界を干されたという結果になったそうです。

その後、オーストラリアに留学して、引退するかと思ったところ、
改名して心機一転スタートとなったというわけです。

また、前事務所のワタナベエンターテインメントの契約で、
真中瞳という名前が使えなかったからとも言われています。

東風万智子と聞いても全く別の女優さんかと思う人も多いですが、
演技力の評判も悪くないので、今後の活躍も期待できそうですね。



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す