この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

禁煙外来の成功率は80%?費用と保険条件、副作用についてのまとめ

禁煙外来はCMなどで、
最近よく見かけますよね。
成功率はなんと80%!

やめたくてもやめられない人には
おすすめですが、費用や保険条件、
副作用ってどれくらいなのか気になりますよね。

 
そんな方のために、禁煙外来についてまとめてみました。

Sponsored Link

禁煙外来の期間は12週間です。

その間にかかる費用は、19,000円程度です。
ただし、処方される薬によって前後しますので、
診療予定の病院にご確認くださいね。

え?そんなにするのと思った方!
1日1箱吸う方ならば、12週で33,600円程度のタバコの出費。

そう考えると、タバコを吸うより安くなる計算ですので、
今よりはお財布がホクホクになるはずです。

あとは一服をする時って、
喫茶店に入ったり、コーヒー片手に吸ったりしますよね。
そういった出費もなくなるはずです。

方法は、禁煙薬はチャンピックスと言う内服薬か、
ニコチンパッチが主流ですが、
12週間のプログラムのものは、
内服薬での禁煙治療となります。

基本的には、保険適用になりますので、
ご安心ください。

ちなみに保険適用になる条件は、
1日の平均喫煙本数×喫煙年数が200以上の値になることです。

また1ヶ月以内に禁煙を始めたいと思っていること、
文書で治療の同意ができること、
前回の禁煙治療の初回治療日から
1年経過していることが条件だそうです。

禁煙外来では禁煙薬が処方されます。

タバコは始めは止めずに、
薬を服用するそうです。

最初の1週間は自由に吸ってもよいとしていて、
2週間目から禁煙することになっているので、
タバコのまずさを体験し、徐々に止める形になるそうですよ。

定期的に通ってお医者さんに吸った本数を報告するそうですが、
嘘を言ってもニコチン検査でばれてしまうそうですよ。

Sponsored Link

でもご安心ください。
内服薬の場合は、
服用していき、だんだんタバコがまずくなります。

成功率は一般的に80%と言われていますので、
ほとんどの方が禁煙できるそうです。

ただし、副作用もあることも覚えておきたいですね。

吐き気 頭痛、上腹部痛、便秘、お腹のはり、
普段と違う夢を見る、不眠などです。

さほどひどいものではないそうですが、
いつもと違う症状に気が付く人もいるそうです。

期間としてはほんの12週間なので、
いろんな禁煙方法を試してみたけど、
だめだった人は一度試してみてはいかがでしょうか?



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す