この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

妊娠検査薬って値段によって違いあり?フライングにおすすめはどれ?

妊娠検査薬って値段が様々ありますが、
違いってあるか気になりますよね。

また生理予定日から1週間後から使えるものが多いですが、
フライングにおすすめなのはどれなのでしょうか?

Sponsored Link

まずは、値段で選ぶなら、
クリアブルーが安いところが多いです。

クリアブルーはオムロンから発売されていて、
わずか1分で生理予定日から1週間後から判定可能です。

妊娠している可能性があると、
二つ窓があるのですが、両方とも青い線でくっきりと出ます。

値段が安いから、感度が悪いというわけではなく、
同時期に使える妊娠検査薬と検出感度もほぼ同等です。

2本入りと1本入りがあり、安い時だと2本入りは700円前後で買えます。

生理予定日から1週間後に試してみる場合は、
値段が一番安いものを購入するでいいかと思います。

そして、ピンクのパッケージでお馴染みのP-チェックS 。
こちらも生理予定日の1週間後から検査可能で、
感知後すぐに反応し、判定窓に濃いピンクの線が妊娠していると出ます。

ドゥーテストもほぼ同様です。
こちらは1回用と2回用があります。
お値段も1本入りだと400円前後で購入可能です。

お値段もクリアブルーと同等、もしくは、若干高いくらいです。

他のメーカーとちょっと異なるのが、
チェックワンデジタルです。

Sponsored Link

判定にかかる時間などはほぼ同じなのですが、
妊娠していた場合は窓に+の表示が、妊娠していない場合は-の表示が出ます。

線が見にくくて、別の検査薬で試したいという場合には、
この表示のタイプがいいでしょう。

これはひと箱で、先端の部分を変えて、3回検査することができるものです。
大体1,500円前後で購入可能です。

そして、フライングしたい場合におすすめなのが、
チェックワンファスト。

なんと生理予定日から検査ができます。

妊娠検査薬はhcg濃度で反応するのですが、
それが他の検査薬より薄い濃度でも検知してくれるので、
生理予定日から測定可能です。

ただし、標準小売価格が1,500円と若干高めな上に、
販売しているお店も限られているので、
事前にHPなどで販売店をチェックする必要があります。
また薬剤師さんのいる時間帯でないと買えない場合があるので、
ご注意くださいね。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

妊娠検査薬のまとめ。いつから陽性?薄い線は?フライングはOK?

妊娠の初期症状と生理前の症状は似てる?基礎体温以外に決め手は?



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す