この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

花粉症になったら気をつけたい、食べていいもの、避けたいものは?

花粉症って
本当に嫌な症状が続くものですよね。

症状が重くならないためにも、
食べていいものと避けたいものを一挙紹介。

Sponsored Link

まず、過敏性を高める食品として、ハムやソーセージ。
この二つの食材には亜硝酸塩という
過敏性を高める刺激物質があるといいます。

そして、ファーストフード。
トランス脂肪酸が多く、
これは免疫機能を弱らせる働きがあるといいます。

インスタント食品にも入っているというので、
やっぱり一般的にも良くないと言われているので、
花粉症のときは特に避けたほうが良さそうですね。

また、ケーキやアイスクリームなどの甘い食べ物も、
食べ過ぎると炎症を起こしやすいとのことです。

冷たい食べ物は陰性と言い、体を冷やすので血行を悪くし、
花粉症の症状が悪化すると言います。

辛いものなどの刺激物も良くありません。
鼻の粘膜にある毛細血管を広げて、
充血させる可能性が高いのです。

それによって鼻水の量が増えたり、
鼻づまりをますますひどくしてしまうそうです。

じゃあ何を食べたらよいのと思う方も多いはずです。

一般的にはポリフェノールが花粉症に効くそうです。

ポリフェノールは、
赤ワイン、お茶、大豆、そば、コーヒー、たまねぎ、
その他にはしそ、甜茶、青魚系の魚介類、ヨーグルト、
ハーブ、ルイボスティー、ハトムギ、べにふうきに多く含まれています。 

Sponsored Link

コーヒーやお茶などは取りやすいですが、
その他のものはなかなか取り入れにくいですよね。

そんな時に活躍するのが乳酸菌です。

ヤクルトやピルクルにも乳酸菌は入っていますが、
ヨーグルトが一番おすすめ。
発酵しているので、おすすめ度が高い食品です。

なぜいいのかについての理由は、
腸内にいる細菌バランスを改善して、免疫力を高めてくれるそうです。

そう考えると花粉症の症状がひどいシーズン以外にも
食べ続けたいなと思ってしまいますね。

そして食生活は、基本的に日本食を中心とした食事スタイルがおすすめです。

魚や野菜を中心とした和食を基本として心がけたいものですね。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

花粉症治療法と予防グッズの効果は?

花粉症にヨーグルト効果!乳酸菌を上手に摂取するコツはこれだ

花粉症で困った人はマスク?世界一受けたい授業の対策まとめました



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す