この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

花粉症はいつから対策するべき?治療法と予防グッズの効果は?

花粉症の時期が近づいてくると、
いつから対策すべきだったのかとか、

治療法が気になったり、
花粉症対策グッズの予防効果が気になりますよね。

Sponsored Link

花粉症は早い場合は1月下旬には
九州地方で飛び始めていると言われています。
その後、花粉前線は北上していきます。

対策の時期は、
大体花粉が飛ぶ2週間前からがよいと言われています。

治療も花粉が出始めてからではなく、
出始める前から勧めている医師が多いそうですよ。

治療法としては、はいろいろあるようです。
抗ヒスタミン薬やステロイド投与、
レーザー治療などの薬を使ったものから、
体質改善のための漢方薬での治療などがあります。

しかし、どちらも長くかかるし、
治るかどうかは確証がない場合もあり、
薬のおかげで眠くなる人も多いので、
薬を飲むのをやめる人も多いようですね。

そうなるとやはり花粉症の症状を和らげる
対策グッズに注目が高まりますよね。

まずはマスク。

マスクもいろいろありますが、
顔にフィットするタイプであれば基本的にはOKだそうです。

毎日付けるものなので、
できるだけリーズナブルに済ませたいですよね。

安いものから高いものまで様々ありますよね。

基本的に花粉が入らないためには、
隙間が空かないタイプであれば大丈夫だそうです。

マスクのフィットがなかなか難しい場合は、
鼻腔クリームがおすすめです。

Sponsored Link

例えば、フマキラーから出ている「花粉 鼻でブロック」。
チューブに入ったクリームで、鼻の中に塗るだけで、
花粉をブロッグしてくれる優れもの。

心配されがちな眠くなる成分も入っていないので、
安心して使えるのでおすすめです。

また、鼻の穴の中に入れる、
ノーズマスクピットという花粉マスクもあります。

小さな丸いプラスチック状のものを、入れるだけです。
違和感もなく、花粉の侵入を99.9%防ぐとのことです。
付けているのもばれないので、重宝している人も多いようです。

眼鏡は必需品ですよね。

いつもはコンタクトの人も眼鏡のほうが花粉を寄せ付けなくていいですよ。
帰ってきたら、アイボンなどの洗浄液で目を洗うことも忘れずになさってくださいね。

鼻水が止まらないとストレスも溜まるので、
できれば症状が深刻にならないうちに対策をしたいものですね。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

花粉症にヨーグルト効果あり?乳酸菌を上手に摂取するコツはこれだ”

花粉症で困った人はマスク?世界一受けたい授業の対策まとめ

最新花粉症対策マスク!本当に効果がある商品を検証

花粉症になったら気をつけたい、食べていいもの、避けたいものは?



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す