この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

自由研究に迷ったらこれ!小学生でも簡単にできるものまとめました

夏休みと言えば、自由研究。
子どもに相談されても、
なかなかいいアイディアをすぐ出せないものです。

ここでは迷ったらこれ!
とおすすめしたい、
小学生でも簡単にできるものをまとめました。

Sponsored Link

○自由研究の流れ

まずは、自由研究のテーマに沿って情報や必要なものを集めます。

テーマに対する回答の予想を立てます。

その後、実際に実験なり、観察したりと、
内容に沿ったもので実行します。

最後に自由研究の結果をまとめると言う流れが、
基本的な概要となります。

では、具体的に小学生でも簡単にできるものを紹介していきましょう。

○酢卵を作ろう

これは料理の一つですが、
酢に卵を付けて、数日間ラップをかけて、
冷蔵庫で放置するというものです。

数日後には殻が溶けて、
触り心地も弾力があり、ボールのような手触りになります。

実際に食べられるので、
どんな味なのか親子で予想しながら、
数日間待つのもおすすめです。

○手作りバターを作ろう

これもまた料理の一つとなりますが、
実際に家庭でバターを作ることがテーマです。

売っているバターと味は違うのか、
色は違うのか、いろいろな予想を作る前に立てるのがおすすめです。

用意するものは、ペットボトルと、
動物性のもので、乳化剤や安定剤が入っていなく、乳脂肪分が35%以上の生クリームです。

ペットボトルに生クリームを入れて振るだけなのですが、
相当な回数を振らないといけません。

振る回数を予想するのもいいかもしれません。

ペットボトルの中で、
固形物の音が大きくなったら終了です。

ちなみにで大人で5分くらいは必死で振らなければいけません。

Sponsored Link

○商店街マップを作ろう

商店街が近くにある場合におすすめのテーマです。

商店街のマップを作るのですが、
例えば低学年であれば、ただマップを作るだけで十分だと思います。

中学年や高学年のお子さんには、
空き地があれば、どんなお店があると流行るかな?と予想したり、
時間帯によって、人が多いところや少ないところ、
男性が多い店、女性が多い店など区分けするのもよいでしょう。

マップを作るポイントとしては、
色分けをすることです。
例えば、八百屋さんは赤、お肉屋さんは黄色など、
同じ職種でカラーを分けると、
どのくらい同じようなお店があるかもわかります。

夜に商店街に出かけて、
街灯が少ないところを見つけて、
安全マップを作るのもよいかもしれません。

自由研究って、昔はテーマを探しに、
本屋さんに行きましたが、
今はネットで情報を集められる時代で、便利になりましたね。



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す