この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

【まとめ】陣痛の時に旦那にしてほしいことは?迷惑だったことは?

「陣痛が来た!」と言う状況になった時は、
奥様はもちろん、旦那さんも焦る人は多いかと思います。

ここでは実際に陣痛の時に、
旦那さんにしてほしいこと、逆に迷惑だったことをまとめてみました。

マッサージや手を握ってあげる、
飲み物を飲ませてあげるなどは、
想像がつきますが、それ以外についてまとめてみました。

Sponsored Link

○YESかNOで答えられる質問を。

陣痛が激しくなってくると、
「どうして欲しい?」と聞かれて、
答えるのも正直しんどいです。

なので、「飲み物飲む?」「トイレ行く?」など、
YESかNOで答えられる質問をしてあげるといいですよ。

○一緒に呼吸をする

「もっとゆっくり吐いて」と言われるよりも、
旦那さんも一緒に「ふぅ〜〜〜〜〜〜」と、
呼吸をしてくれるほうが、断然効果的です。

意外と自分だけだと、
呼吸が短くなってきてしまうことがあります。

「もっとゆっくり吸って」「短いよ」ではなく、
一緒に呼吸をして、寄り添う形で応援しましょう。

Sponsored Link

○寛大な態度で接する

陣痛中は、人が変わったように暴言を吐いたり、
叫んだりする人は少なくありません。

陣痛は本当に痛いので、
旦那さんに暴言を吐いたとしても、
いらっとせず、じっと見守ってあげましょう。

また、陣痛中にそばにいてほしくないと言う女性もいます。
その時の奥さんの気持ちを大切にしてあげてくださいね。

事前にできることは少ないのですが、
妊娠後期になると、腰や尾てい骨など、
腰やお尻周りの骨が痛くなり、
押すと痛みが緩和する場合があります。

その場所が、陣痛中にも同じように痛みを和らげる場合があるので、
常日頃からマッサージをして、
奥様がどの場所が痛みを和らげるのか、
把握しておくのがおすすめです。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

陣痛を促進するためには?兆候、方法、ジンクスまとめてみました

妊娠中の腰痛対策に効く方法って何?ベルトやマッサージが効果的?



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す