この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

新入社員が社内報でベストな自己紹介のコツ!ウケる文章と写真とは?

新入社員の人がまず悩むのが
自己紹介ではないでしょうか?

社内報でベストな自己紹介のコツと、
ウケる文章と写真とはについて、
ご紹介します。

Sponsored Link

事前に社内報で紹介するから、
自己紹介の文章を考えてください
と言われて迷っている人も多いでしょう。

学生時代に打ち込んできたことや、現在の趣味などを
ありのままに書くのがいいと思うのですが、
専門的だったり、マイナーなネタは避けておいたほうがいいでしょう。

社内なので、年配の方もわかるような趣味や内容で、
紹介すると、好感度も高くなりますよ。

次に定番の今後の抱負についてです。

まだ入ったばかりの新入社員の売りはただ一つ、謙虚さ。

何もわからないですが、
初めはご迷惑おかけいたしますが

など、謙虚なコメントも残しましょう。

抱負も目標は高く設定したくなる方も
いらっしゃると思うのですが、

Sponsored Link

営業であれば「お客様の名前と顔を早く覚えられるようまずは頑張ります」
事務であれば「慣れないことばかりだと思うので、一つ一つ丁寧に行いたいです」など、
あまりハードルを上げずに、抱負を述べた方がいいですよ。

あとから自己紹介のときの勢いは?
なんて言われると悲しいですもんね。

社内報といっても、「!」や顔文字などはNGです。
会社の公式の情報誌となるので、学生気分が抜けていないのでは?
と思われることもあるので、
文章には気をつけたいものですよね。

その他に結構迷ってしまうのが、写真。

写真を添付するようにと言われることもあるでしょう。

スーツの写真が無難かと思いますが、
明るく、親しみのある印象などを出すには、
自然な笑顔で私服の写真がいいでしょう。

もしなければ、友人や家族とリラックスしているときに
誰かと一緒に撮ると、比較的リラックスした写真が撮れますよ。

また、自己紹介は社内の方に自分を知ってもらうことだけではありません。
自分からのお願いごとをも織り交ぜながら書くことも、
大事なポイントです。

例えば、引越してきたばかりであれば、
土地勘がないので、詳しい方がいらっしゃれば教えてくださいや、
人見知りする場合は、慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、
前向きに頑張っていこうと思っているので、よろしくお願いしますなど、
自分が苦手だな、不安だなと思っていることを、
添えておくと、周りもフォローしてくれるはずです。

自己紹介で社内の皆さんに上手にアピールできるといいですね。



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す