この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

ひな祭りのお祝いはどうしてる?初めての初節句もこれで安心!

ひな祭りのお祝いって
皆さんどうしているんでしょうか?

女の子が生まれて、初めての初節句も
これで安心という段取りをここではご紹介します。

Sponsored Link

初節句の前に確認しておきたいのが、
ひな祭りの段取りです。

おひなさまを飾るのは、
前日に慌てて飾るのは縁起が悪いと言われています。

飾る時期は2/4から3/3の一週間前までが一般的です。
そして3/3が過ぎたらすぐに片付けましょう。

よくひな祭りが過ぎても飾っていると、
お嫁に行き遅れるといいますが、
行事が終わったら、早めに片付けるための迷信みたいなものです。

昔からおひなさまは子供の災厄を身代わりとなって守ってくれるので、
それをいつまでも飾っておくのはよくないと言われています。

飾るときは、必ず部屋の掃除をしてから飾りましょう。
また、お人形は非常にデリケートです。
頭を持ったりせずに、両手で大事に抱っこするような形で
扱ってあげましょうね。

Sponsored Link

片付けるときも何がどこに入っていたかで、
ダンボールに上手に入らなかったりするパターンが多いです。

事前にここには何が入っていたかなど、
メモや写メを撮っておくのがおすすめです。

そして節句のお祝いは、
以前は親戚や近所の人たちがお祝いしたようですが、
最近は祖父母を自宅に招いて、
身内でお祝いするのが一般的と言われています。

献立は、ちらし寿司、はまぐりのお吸い物、
桜餅や草餅を用意するのが一般的です。

桃の花を飾るのは、魔除けの意味があるそうで、
お祝いの席に飾っておくのが効果的と言われています。

はまぐりは女の子の美徳と貞節を意味しているため
よく食べられるそうです。

初めて迎える節句をきちんと執り行うことは、
江戸時代からのならわしだそうで、
赤ちゃんが健やかに育つように願いをこめて
お祝いする行事として続いています。

やらないから何か起こったという話はあまり聞きませんが、
お子様の健やかな成長を願うには
やっておくには越したことはないですよね。



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す