この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

不動産屋が教える学生の部屋探しのコツ!時期と段取りのベストな方法

卒業後、進路が決まると、
まだまだ選択しなければいけないことは、
目白押しです。

大きな決め事としては、
引越し。

不動産屋が教える、
学生の部屋探しのコツを教えます。

時期と段取りのベストな方法など、
こっそりお話しします。

Sponsored Link

いい物件が空く時期って?

学生さんからよく聞くのが、
早めに物件を決めないと、
いい物件がなくなるということ。

これは、賛否両論ですが、
わたしはNOです。

現在、入居中の学生さんから、
「退去します」という連絡が来るのは、
1ヶ月前がほとんどです。

まれにマメな学生さんだと、
正月あたりに、
「卒業するので、3月で引っ越します」と言われますが、
実際には、ギリギリ言ってくる人がほとんどです。

ということで、
物件が空くかどうかわかるのは、
2月中旬あたりから始まります。

moving 300x299 不動産屋が教える学生の部屋探しのコツ!時期と段取りのベストな方法

早めに決めなきゃ、いい物件はなくなる?

1月あたりに、
お部屋を探す場合、
かつ、内覧ができるのは、
何らかの形で、
お部屋が空いている場合のみです。

選べる物件の数も、
まだ少ない状況です。

物件の数が大量に出てくるのは、
やはりピークである、
3月初旬。

ちょうど、退去連絡が来るあたりです。

3月ともなると、
不動産屋も繁忙期で、
あっという間に物件は、
どんどん決まるのですが、
やはり選択肢は多いほうが断然いいです。

家賃の値下げ交渉は難しい時期ですが、
数ある物件から選ぶには、
3月初旬にスタートを切るのがおすすめです。

早めの部屋探しで気をつけたい、お金のこと

引越しは、
敷金、礼金、引越し費用、生活用品など、
一円もかからず、
引越しができる人って、
ほとんどいないですよね。

ただでさえ、かかる引越し費用。

物件は、
契約した月から家賃が発生します。

例えば、4月から入居する予定でも、
1月に契約したら、
1月から家賃が発生します。

Sponsored Link

中には、その間の家賃は、
不要ですなんて、
大家さんもたまにいらっしゃいますが、
ほぼ皆無です。

無駄な費用をかけないためにも、
4月から住みたいと思ったら、
3月から物件探しをすることをおすすめします。

部屋探しの段取りは?

よくある物件情報サイトである、
スーモやホームズなど。

こちらにある物件情報は、
問い合わせてみたら、
もう決まってしまいましたということも、
あります。

と言うよりも、
ほぼ決まっている場合が多いでしょう。

できれば、
住みたいエリアの、
不動産屋さんをいくつか周り、
情報を収集することをおすすめします。

そして、この時期は、
飛び込みでお店に行くよりも、
必ず来店予約をしたほうが、
時間のロスがありません。

最後に、
この時期は、スピードのある決断力が求められます。

いくつかの物件で迷った時、
「誰かが先に契約してしまったら困る物件」を選ぶことをおすすめします。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

都内23区に引っ越すならおすすめ駅!安くて住みやすいと評判エリア!



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す