この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

脳梗塞の父へのプレゼント!食べてはいけないものとおすすめギフト

ある日、突然、
我が家の父が脳梗塞になってしまいました。

幸い、軽度としては軽いのですが、
誕生日のプレゼントは、
何がいいのか、非常に迷った年でした。

今までは毎年お酒をあげていたのですが、
今年はそういうわけにはいきません。

食べてはいけないものと、
おすすめギフトを調べてみました。

Sponsored Link

食べてはいけないものとは?

医師の判断によって、
どんなものを食べてよくて、いけないという基準があるかと思います。

一般的には、肉より魚、
脂っこいものや、塩分が強いものは、
控えたほうがいいと言われています。

また、アルコールは、
適度にと言われている人が多いようですが、
あげるのは、控えたほうがよいかもしれません。

ちなみに、タバコは絶対に吸ってはいけませんと言われていて、
それまでヘビースモーカーだった父は、
頑張ってやめました。

おすすめギフトいろいろ

パジャマ

これはお見舞いのときに、
入院しているときに、
少しでも気分が紛れるようにと、
おしゃれなパジャマをプレゼントしました。

程度によっては、
なかなかベッドから起き上がれない際は、
パジャマなど、日常生活にアクセントをつけるグッズがいいと思います。

本よりも写真集

脳梗塞になった父が、
「本はページをめくるのが意外と大変だった」と話しており、
競馬が大好きだったので、
過去の名馬の写真集をお見舞いで持って行きました。

ちょうど大きなレースが開催されているときだったので、
合わせて楽しんでくれたようでした。

ノートもおすすめ

脳梗塞はリハビリが大事だと言われていますよね。

そのリハビリのおかげで、
だんだん字がきれいに書けるようになる記録をするために、
ちょっといいノートをプレゼントするというのも、
素敵ですよ。

Sponsored Link

飲み物は効果的とも言われています

お水をたくさん飲むようにと、
医師から言われる人が多いそうです。

最近は、ペットボトルで、
地方のおいしいお水が通信販売などで購入できます。

その他にコーヒーやお茶なども、
摂取してもよい場合が多いようですよ。

いかがでしたでしょうか?

脳梗塞によいものをと必死に探していたのですが、
一番喜ばれたのは、写真集。

やっぱり精神的にうれしいものは、
どんな状況でも喜ばれるものだなと実感しました。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

入院中、食べられない人に喜ばれるお見舞いで嬉しかったものまとめ



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す