この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 3 分

エルゴの新生児用のインサート使い方は?足は?抱き方のコツは?

おんぶ紐なら、絶対エルゴがおすすめ!と言われ、
新生児から使えるパッドであるインサートも
購入した人って多いですよね。

しかし、
このエルゴの使い方が
かなり難しいと言われています。
 
ここでは、エルゴ初心者さん向けに足の向きはどうするの?
抱き方のコツは?などの疑問をまとめてみました。

Sponsored Link

慣れてしまえば、ものの数分で抱っこ出来ちゃう代物なのですが、
扱いが難しいのがデメリットですね。

それも取扱説明書がわかりにくいのも難点です。
ましてや海外製品を買って、英語の説明書で何が何だか・・・
なんて人もいるはず!

 エルゴの新生児用のインサート使い方は?足は?抱き方のコツは?

エルゴの本体の腰の部分を付けます。

この時のポイントは、あまり高い位置につけないことです。
ウエストポーチを付けるくらいの位置に、
腰ベルトを付けると、抱っこしたときに非常に楽ちんです。

インサートに赤ちゃんを入れます。

ここで気を付けたいのが、
パッドのベルトを必ず着けることです。

しっかりと固定することによって、
赤ちゃんは心地よい姿勢になります。
また、落とす可能性もぐんと減りますので、必ず着けましょう。

逆にベルトを着けずに、インサートの中が不安定になってしまうと、
赤ちゃんが不快になり、泣く場合があるのでご注意を。

赤ちゃんをエルゴに入れて、首の後ろのベルトを付けます。

ほとんどのお母さんが苦労するのが、
この部分なのではないでしょうか?

コツはおしりの部分をエルゴの中に入れ、
身体がまっすぐになるように入れることです。

この段階で泣いてしまう赤ちゃんも多くいます。
まずはエルゴに赤ちゃんを収めて、
後ろのベルトを止めて、赤ちゃんの状態を落ちないようにしてから、
心地いいポジションを見つけてあげましょう。

ergo2 300x298 エルゴの新生児用のインサート使い方は?足は?抱き方のコツは?

足を調節します。

赤ちゃんやお母さんによって異なるようですが、
インサートのクッション部分にひざを曲げてお座りするような形が良い場合と、
足を広げて、エルゴの外に出す場合があるので、
どちらも試してみて、相性がいいほうを採用するのがいいですよ。

㈭インサートを調整します。

エルゴとインサートの間に手を入れて、
赤ちゃんがまっすぐになるように調整します。

この時に体がよじれていたり、
抱っこ紐に足が挟まっていたりすると、赤ちゃんは泣いてしまうので、
注意しましょう。

ちょうど抱っこ紐にスポッと収まるところがあるので、
インサートを調整してあげてみてください。

Sponsored Link

収まるところが見つかって、フィットしても、
泣き止まない場合は、少し歩いてみると泣き止むことがほとんどです。
背中を軽くさすりながら、歩くと泣き止む赤ちゃんは多いですよ。

エルゴの新生児用は、
生まれる前に練習は人形でもないとできないので、
実地で覚えていく人がほとんどのはずです。

まずは数をこなして、赤ちゃんとお母さんとの
ベストポジションを見つけることが大事です。

赤ちゃんににピッタリあるエルゴを見つけましょう!

 
子育てママにおすすめのサイトです☆
こどもにイライラする子育てにさよなら!手抜きラクラク育児奮闘記

 
※※こちらの記事も人気があります※※

エルゴは使い心地がよいけど落下事故多い?偽物と使い方に注意すべき?

エルゴの洗濯の仕方は?色落ちの心配がない洗濯機での方法を紹介

エルゴのおんぶは難しいけど簡単な方法コツは?いつからか使い方まとめ

エルゴのインサートはいつからいつまで?首すわり前に外すのは危険?



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す