この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

大倉忠義主演ドラマDr.DMATが低視聴率で打ち切りの可能性ありか?

今月からスタートした
関ジャニ∞の大倉忠義が主演を務める
「Dr.DMAT」。

初回の視聴率を期待されていましたが、
まさかの7.9%。

早くも打ち切りの可能性も?

Sponsored Link

このドラマは災害派遣医療チームの
隊長として活躍する大倉忠義主演の映画で、
医療のヒューマンドラマとして位置づけられています。

原作コミックが人気で実写化に至った経緯があるそうです。
原作ファンも根強いそうですが、
今回はまさかの低視聴率発進となっています。

話題の関ジャニ∞の大倉忠義を使っても、
視聴率が取れない理由について、
調べてみました。

ookura 大倉忠義主演ドラマDr.DMATが低視聴率で打ち切りの可能性ありか?

まずはドラマの評価です。
大倉忠義の演技派は良いと評判のようです。
しかし、悪いのがドラマのテンポの悪さ。

災害医療チームという緊急事態に臨する状況にも関わらず、
スピード感がなく、見ているほうも違和感を感じてしまう内容です。

ネットでは、前々回のクールで「ぴんとこな」で
ジャニーズタレントを使っていたことから、

・またジャニーズかよ
・渡る世間は鬼ばかりを放送すればよい

など、あまり肯定の意見は聞こえてこないようです。

実は、この枠は前回
「夫のカノジョ」が放送されていました。

川口春奈が主演のドラマで、
視聴率がクールの中でワースト1位の4%台を叩き出し、
1話を削り、打ち切り
ということになってしまった枠なのです。

ネットで言われているように、
「渡る世間は鬼ばかり」が終了してから、
うまくいかない枠なんですね。

そして、今回決定的に視聴率が悪い原因が、
競合のドラマに完全に負けているということ。

Sponsored Link

同じ曜日に放送されているのが、「医龍4」。
一日に2本も医療ドラマを見たくない
というのも大きな理由のようです。

また、裏番組の天海祐希主演の
「緊急取調室」に完全に敗北しているのです。
天海祐希のドラマはいつも安定的な視聴率ですもんね。

その他の要因は、今回は
医療ドラマが「Dr.DMAT」を含め、3本ということ。

「医龍4」「チームバチスタ4」は、
前作で視聴率がよかったので、
今回も再度制作されることになったそうです。

そういった意味でも「Dr.DMAT」は新参者。

この2本のドラマに勝てる術はなさそうなのです。

共演するキャストは加藤あいや瀧本美織など、
美人揃いで、大倉忠義も演技が下手なわけではないのですが、
このままでは打ち切りの可能性も強い様子。

まさに他のドラマとの兼ね合いが大きな原因のよう。
「夫のカノジョ」の二の舞とならなければいいのですが・・・。

 
※※こちらの記事も人気があります※※

大倉忠義、現在の彼女は誰?



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す