この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

ダウンタウン視聴率が低いが、二人の年収は億単位って本当?

ダウンタウンの視聴率が、
ここ数年かなり低くなっているのは
ご存知でしたか?

 
しかし、二人のそれぞれの年収は
億単位という噂も。
これは本当なのでしょうか?

Sponsored Link

HEY!HEY!HEY!もアカン警察も打ち切り。
現在、かろうじて数字が取れているのは、

ダウンタウンDXと
年末の笑ってはいけないシリーズ

だといいます。

しかし、その笑ってはいけないシリーズ。
2013年には17.2%
シリーズ歴代最高視聴率を記録しましたが、
打ち切りの可能性が高いのです。

bike8 300x208 ダウンタウン視聴率が低いが、二人の年収は億単位って本当?

それはガースーこと、
菅賢治氏の日テレ退職が近づいているというのが理由。

ガースーは、定年退職後には日テレではなく、
エイベックスと新しい事務所を作るという噂も。
日テレを去ることには間違いないそうですが・・・。

菅賢治氏は笑ってはいけないの立役者。
またダウンタウンのいろんなバラエティ番組の
プロデューサーも担当していたので、
彼がいなくなることにより、
ダウンタウンのバラエティ番組継続は危機とも言われています。

Sponsored Link

また、ダウンタウンの二人の年収は推定億単位。
この出費もかなりテレビ局にとっては痛いところ。
視聴率が取れない上に、ギャラが高いのは
重荷と考えている関係者も多い様子。

吉本興業の現在の社長はダウンタウンの元マネージャー。
そんな関係から、取締役をはじめ、
ダウンタウンに物を言えるのは、
ほとんどいないというのです。

確かに松本人志の映画も最近は大ゴケですが、
止めさせる人もいないのも原因なのか、
懲りずに何年かに一度やっていますもんね。

一方、浜田雅功もあまりの低視聴率で嫌気がさしている模様。
こんな仕事をするの嫌だと愚痴をこぼしているそうです。

ガースーがいなくなって、
立場が危うくなったダウンタウン。

これでヘイポーもいなくなったらと考えたら、
一体どうなってしまうんでしょうか。



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す