この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

女性向けの初心者でも使えるDIY電動工具!選ぶコツはあるの?

最近は女性向けのDIY電動工具も
登場していますよね。

ここでは初心者でも使える
DIY電動工具の選ぶコツについても紹介します。

Sponsored Link

○DIY用?プロ用?

電動工具にはDIY用とプロ用と分かれていることがほとんどです。

二つの違いは
プロ用・・・仕事で使う人向けで、基本的に重く、
耐久性が強いのが特徴で、値段が高い。

DIY用・・・家庭で使う人向けで、激しい作業には向いていないが、
家庭で使うには十分で、値段がプロ用と比べると安い。

基本的には家庭で使うのであれば、
DIY用で十分です。

ただ、外注するような作業を自宅でする場合は、
プロ用のほうがいい場合がありますので、
店員さんに尋ねることをおすすめします。

○屋外で使う?屋内で使う?

そして屋外と屋内でも若干選ぶコツが変わります。

バッテリー式タイプとコード式の工具があります。

屋外でもコードが繋げれば、コード式でも可能ですが、
バッテリー式のほうが、移動が楽です。

そしてバッテリー式の場合は、連続使用時間の確認もしましょう。

DIY電動工具は数十分しか連続使用時間が持たないものも多々あります。
その場合は、連続使用時間が長いものを買うか、
予備バッテリーを購入しておくことをおすすめします。

またバッテリーの種類も確認しておきましょう。

ニッケルとニカドのバッテリーについては、
使い切ってから充電しないと、バッテリーの持ちが悪くなります。
要は、継ぎ足し充電が苦手なバッテリーです。

一方リチウムは使い切らなくても、充電可能です。
継ぎ足し充電も可能なタイプですので、
できればリチウムのバッテリーを選ぶことをおすすめします。

Sponsored Link

○サポート体制がしっかりしている大手メーカーを

電動工具の故障は少なくありません。
できればサポート体制がしっかりしているメーカーを選ぶことをおすすめします。

例えば、マキタ、日立工機、RYOBI、ナショナル、BOSCHなどです。

そして必ず確認して欲しいのが、保証期間です。
基本的には1年は上記のメーカーは保証していることがほとんどです。

ホームセンターによっては実演もしているところがあるので、
実際に使ってみて選ぶとよいですよ。



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す