この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

2014潮干狩りスポット!都内からも行けるおすすめエリアを紹介

2014年おすすめの
潮干狩りスポットを紹介します。

都内からも行けるおすすめエリアについて、
まとめてみました。

Sponsored Link

まずは定番ですが、毎年人気の木更津海岸。

2014年は3月16日から始まっていて、
8月13日まで開催されています。

hohigari 300x224 2014潮干狩りスポット!都内からも行けるおすすめエリアを紹介

料金は個人で大人が入場料金1,400円。
採貝量2キロを含んでの値段で、
超過すると、追加料金がかかります。

網袋や熊手は別途レンタルで
それぞれ200円となります。

ここはお持ち帰り用の海水が無料であったり、
温水シャワーは、3分間100円、
更衣室も無料で完備されています。

マイカーがない場合は、
海岸までは木更津駅から徒歩25分ほどです。

次に、ふなばし三番瀬海浜公園。

4月13日から6月29日までが潮干狩りの期間です。

hiohigatri 300x224 2014潮干狩りスポット!都内からも行けるおすすめエリアを紹介

ここは利用料金が大人430円で、
別途、あさりの持ち帰りは100グラムにつき60円となります。

熊手はレンタルで100円、ロッカーも100円となります。
預かり金100円がかかるのですが、
後から100円は戻ってきます。

ここは潮干狩り以外にもBBQエリアもあったり、
テニスコートや芝生広場もあるので、
潮干狩り以外も楽しめるので、
一日遊べますよ。

アクセスは、マイカーがなくてもJR船橋駅、京葉線二俣新町から、
バスが出ているので、電車で行くのにも便利です。

最後におすすめの無料で潮干狩りができるスポットが横浜にもあります。

ここは横浜で唯一潮干狩りができるスポット。

Sponsored Link

アクセスも金沢シーサイドラインで、
「海の公園南口駅」「海の公園柴口駅」「八景島駅」で下車、徒歩2分と好立地。

あさりの採取量は一人2キロと決められています。
また2センチ以下のものは採取を禁止等制限はありますが、
無料とあって連休中などは混んでいます。

熊手などのレンタルはないので自分で持っていく必要があります。

期間は3月中旬から6月頃までです。

海水浴シーズンの前に、
潮干狩りで海のレジャーを楽しむのもおすすめですよ。



お任せ表示

いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです^^。 もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link


コメントを残す